東野幸治(撮影:編集部)

写真拡大

 不可思議な日本語を話すことが話題となっているモデルの滝沢カレンが16日の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)に出演。四字熟語で人にあだ名をつけることができるという滝沢が、東野幸治に辛口なあだ名をつける場面があった。

 最近、四字熟語にハマっているという滝沢。渡部建がその四字熟語を使って以前に滝沢から「芸風過多」というあだ名をつけられたことを明かし、この日の出演者たちにも実際に滝沢があだ名をつけてみることとなった。

 Kinki Kidsの堂本光一に「感情不明」、宮迫博之に「男前意識」、福士蒼汰を「青春役者」、遠藤憲一を「存在強烈」などと次々四字熟語で表現していく中で、滝沢が東野につけたあだ名は「薄情大王」。24時間テレビを控えキャンペーン中だと同番組で度々発言している東野は思わぬ辛口に唖然としたが、スタジオは爆笑。後藤輝基は「ドンピシャ!」と滝沢のセンスを称賛した。