2017年3月、新宿高島屋8階のファッションフロアにオープンしたベネクス直営店(写真提供:ベネクス、以下同)


 スポーツ健康関連の世界的大企業が続々と参入し始めた製品市場がある。疲労やストレスによる不眠・不調、血行障害による様々な故障に劇的な改善効果をもたらしてくれる「リカバリー(ウェア)市場」である。

 多くの人々を長年悩ませてきた難題を解決する製品市場だけに、世界の注目度は高く、今後急速に拡大していくことが見込まれる。

 そして、この分野を世界で初めて創出し、学術的裏付けをもって、抜きん出た成果を挙げているのが、中村太一氏(37)率いる「ベネクス」である。資本金1000万円、従業員18人、年商7億2000万円。本社は神奈川県厚木市。

世界で初めてリカバリーウェアを開発して以来、右肩上がりの成長を遂げるベネクス


 中村氏が中心となって開発したリカバリーウェアは、休息・睡眠時に着用することで、身体を交感神経優位から副交感神経優位へとシフトさせ、疲労回復を実現する。それを可能にする独自技術が「PHT」(=Platinum Harmonized Technology、2008年特許取得)である。ウェアの繊維に織り込まれた、微細なコロイド状(4nm)に特殊加工したナノレベルのプラチナが身体に作用し、副交感神経優位へと導くという。

 ベンチャー企業ながら今や世界を牽引するベネクスだが、ここに至る道のりは決して平坦ではなかった。

(前編)「脱常識で切り開いたリカバリーウェアという新市場」

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

生と死のはざまで、人生を見つめる

命を落としかけ、倒産しかけるなどの苦難を乗り越えてきた中村太一氏


 1980年、神奈川県小田原市生まれ。子どもの頃から中村氏を知る人々は、「いつも自分のことはニの次、三の次。とにかく困っている人、弱い立場の人のためにとことこん尽くす心底やさしい人」と口を揃える。

 高校時代はラグビーに熱中。しかし、県大会の決勝戦で相手チームの選手と激突し脳内出血を起こして生死の境をさまようことに。以来、「まあ、いいってことよ」「死ぬわけじゃないし」「死なないなら何でもオーケー」というのがクチグセになったという。また、慶応義塾大学商学部時代には、親しかった麻雀仲間(先輩)がバイク事故で即死。人生の有限性、その中で果たすべき自己の使命に改めて思いを致したようだ。

 そんな中村氏が、経営コンサルティング会社「日本LCA」に入社後、その子会社で老人ホームを全国展開する「ケアリンク」へ自ら希望して出向したのも、ある意味、当然だったのかもしれない。

 そこで彼が目にしたのは、高齢者たちの「床ずれ」の苦しみだった。長時間寝たきりでいることによって背中・腰の血流が阻害され、床ずれは起きる。頻繁な体位変換をすれば、ある程度、防げるが、24時間体制で全員の面倒を見るのは難しい。

「苦しみから解放してあげたい。これはビジネスチャンスになる」

 そう確信した中村氏は、2005年、独立し、仲間2人と共に、ベネクス(VENEX)を創業する。「Creative Next」(次代を創造する)という思いを込めての命名だった。

 どうすれば、床ずれは防げるのか? 暗中模索の日々が続いたが、最先端技術に関する東京工業大学での定例の勉強会の中で、ナノテクノロジーが身体に好影響を及ぼすらしいことを知る。

「これだ!」

 以来、彼は研究開発に没頭。試行錯誤を繰り返し、2年後、上記「PHT」の開発に成功。そして、それをベースに介護用ベッドマットの商品化を実現した。販売価格は10万円。製造は他社に業務委託。

「これで、躍進できる」と胸が躍った。ところが・・・。

借金1億円からの逆転劇

 どんなに営業を重ねても、ベッドマットは1枚も売れなかった。

 要因は思わぬところにあった。入居している高齢者には明確なニーズがあっても、お金を支払うその家族や、老人ホームなどの施設には、まったくニーズがなかったのだ。家族には「もうこれ以上の費用負担はしたくない」、施設には「コストは削減したい」という思いが強かったのである。

 結局、4年間の営業活動を通じて1億円の借金を背負ってしまった。「いよいよ後がない」という、その時、中村氏は、介護業界一辺倒ではなく、目先を変えて「国際ホテル・レストラン・ショー」の癒し系のゾーンに、そのベッドマットを出展してみる。

 その際、夜勤が多く慢性疲労に苦しむ人の多い介護ヘルパー向けにPHT繊維を用いて作ったTシャツを、併せてディスプレイした。そして、これが転機となった。

 世界30カ国に展開し、会員数300万人を有するフィットネスクラブ「ゴールドジム」の担当者が、アスリートの疲労回復用として、ベネクスのTシャツに注目したのだ。

「高齢者の床ずれ解消」というミッション実現に向けて突き進んできた中村氏だったが、今や崖っ淵。介護分野からスポーツウェア分野へと転身することに決した。

 ゴールドジムの店舗に、順次、置いてもらう形で始まったリカバリーウェアの販売は、2店舗目以降、クチコミで人気に火がつき、同社の多くの店舗で販売されるようになった。やがて、「伊勢丹」新宿店のスポーツウェアコーナーにも置かれ、同コーナーにおける年間売上第1位を記録する。

高齢者を床ずれの苦しみから解放してあげるための技術開発が原点となって、リカバリーウェアは生まれた


 アスリート用として始まった販売だったが、購買層は一般のスポーツ愛好家(主として男性)へ、そして、男性ビジネスマンへと広がり、やがて、それを見て興味・関心を持った健康志向の女性層にも愛用されるようになっていく。

 その結果、販売チャネルが拡大すると同時に、事業領域も変容してゆく。

 伊勢丹を皮切りに、全国の百貨店、そして、スポーツ専門店やアウトドア専門店へと「スポーツ・アウトドア」分野中心の拡大が続いたが、やがて「美・健康・ライフスタイル」分野をも包摂するようになったのである。2017年3月に新宿高島屋8階ファッションフロアにオープンしたベネクス直営店などその典型だろう(冒頭の写真)。

「まあ、いいってことよ」精神で課題を乗り越える

 首都圏を核に、ネット通販、店舗販売で、BtoCを推進する一方、BtoBにも注力するベネクス。最近では、疲労が蓄積しやすいプログラマーたちのパフォーマンスを極大化する目的でIT企業が導入する例や、肉体的消耗の激しい建設会社で導入する例など、法人単位での購入も進んでいる。

 しかし、販売拡大に伴い、製造を委託する工場数が増えており、品質の管理、品質の確保は喫緊の課題になっている。

 一方、海外では、前回述べたように、世界最大級の国際スポーツ用品専門見本市「ISPOアワード2013」(ミュンヘン)において、“革命的なスポーツギア”として「アジアン・プロダクト」部門の金賞を受賞。以来、ミュンヘンに現地法人を設立して、ドイツを中心に現地生産・販売を推進。欧州のトップアスリートたちに愛用されるようになっている。しかし、なかなか現地の一般生活者にまで浸透させ切れない“もどかしさ”が生じている。

ドイツでの新聞報道。現地では“スーパーパジャマ”との愛称も


現地パートナー企業の人々と。ベネクスはドイツを起点に欧州戦略を展開している


 何かにつけて、マンパワー不足など、ベンチャー企業特有の“経営資源の乏しさ”が足枷になっているのは事実。しかし、中村氏は前だけを見続ける。

 地元愛も強い。「自分たちをここまで育ててくれたのは神奈川県」と感謝を繰り返し、本社機能の東京移転は考えない。厚木市に留まり地域の発展に貢献したいという。

 世界的巨大企業群の猛追は迫っている。しかし、「ひとのために生きる」ことを信条とし、「まあ、いいってことよ」の精神で、数々の苦難を乗り越えてきた中村氏。ソーシャルな問題意識をベースに、イノベーティブな製品開発を続けていく限り、おのずと道は開けてくるであろう。愛用者の1人として健闘を期待したい。

ベネクスの社員たち


筆者:嶋田 淑之