「安心してください。はいてますよ」のフレーズと全裸に見えるポーズで大ブレイクした芸人・とにかく明るい安村

写真拡大

2015年、「安心してください。はいてますよ」のフレーズでお馴染みとなり、全裸に見えるポーズで大ブレイクした芸人・とにかく明るい安村

そのブーム真っ最中に週プレNEWSでもインタビューなどでご登場いただいたが、最近はめっきりTVで見ることがなくなってしまった…。

実際、2016年春に週刊誌で不倫現場をスクープされたことで仕事が激減したというが、その秋には誤魔化し続けていた腰痛も悪化、椎間板ヘルニアで倒れてしまい、手術を余儀なくされた。せっかくのブレイクも束の間、またも苦境に立たされている安村だが、そんな彼に転機が!?

7月21日より公開される映画『ビニー/信じる男』の応援隊長に就任し、そのテーマにそって、どん底からカンバックしようとしているのだ。作品はボクシング世界ジュニアミドル級チャンピオンのビニー・パジェンサが交通事故で首を骨折し瀕死の重傷を負い、そこから負けじとトレーナーとともに再起をめざし、王座奪還するという話だ。

この撮影に際して、ビニーを演じた俳優のマイルズ・テラーは役作りのため体重を13キロも落としたが、安村も同じ重さをわずか2ヵ月で減量し、主人公のように再び光り輝きたいと決意。そこで、パーソナルジムで肉体改造中の安村を直撃すると…!

早朝、とある住宅街のマンションの一室から威勢のいい掛け声が聞こえてくる。そこには肩にバーベルを担ぎ、脚の力で上下するスクワットで自分を限界まで追い込む安村の姿が…。仕事に影響のない時間帯を選び、胸、背中、脚、腹筋などを中心に1セット50分、週2、3回の筋肉トレーニングを重ねているという。

パーソナルトレーナーも「芸人のイメージと違って、かなり真面目」と高評価していた、その変貌っぷりを早速、聞いた。

−お久しぶりです! ブレイクしてから随分と太られていましたが、めっちゃスリムになってるじゃないですか〜。毎晩飲んだり、不摂生な生活をしていたはずなのが一変、早朝トレーニングはどうですか?

安村 キツイですね。学生時代の野球部の練習よりもキツイですよ。

昨日はお酒を飲みました?

安村 お酒は全然飲んでいないです。でも昨日は朝4時まで通信対戦のゲームをやってしまって…。

−はははっ、ダメじゃないですか! 体をしっかり休めないと…。

安村 どのみち、4歳の娘が起こしに来るんで…毎日7時起きですよ。

−始めて1ヵ月、効果は出てますか?

安村 トレーニング用の補助ベルトがギリギリだったのが、ウソみたいに余裕ができてますね。あと、お腹の肉が軟らかくなってきました。

−痩せて嬉しいことは?

安村 太って着れなくなった服がまた入るようになって「これ、着れるんだ!」と女子みたいに喜んでますよ! あと、鏡の前にいる時間が長くなりましたよね。見ていると気持ちいいんです。そこでね、初めて自分がナルシストだと気が付きましたよ!

−食事はどうしているんですか?

安村 鳥の胸肉とかオクラ、ブロッコリー、キノコ系なんかを中心に食べています。先日、芸人仲間で居酒屋に行って、胸肉を焼いたやつを頼んだら品切れで悔しい思いをしました。なんとか糖質を摂らないように乗り切ったんですけど、結局、みんながとんこつラーメンを食べに行って、僕は食べれないからただ見てるだけで。ホントに地獄でしたよ(笑)!



−ではダイエットが終わったら、まず食べたいものは? スマホカバーに寿司の絵柄がありますけど、ひょっとして…

安村 そう! すし食べ放題! 梅丘の寿司の美登利総本店に行って、マダムたちに混ざって行列に並びますよ。最初は甘えび食って、最後は好物の卵でシメる。

−もう、食べた時の顔になっていますよ!(笑) ところで浮気発覚後、仕事が激減したらしいですが…。

安村 確かに、今ではTVも月1本になってしまいました。収入面では営業と舞台が多いから大丈夫ですけど…やっぱりTVに出るために芸人になったわけだから、そこは今回の映画の主人公であるビニー・パジェンサのように復活したいですよね。

−浮気がバレた時、奥さんの反応はどうでした?

安村 怒られましたが、次の日からは普通に接してくれたので助かりました。

−親御さんの反応は?

安村 自分の家族からは「何をやってんだ!」と激怒されました。当然ですけどね。意外だったのは、嫁のお母さんからは、「(娘は)気性が激しいから大丈夫?」と心配されて、とても申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

−お義母さんの気遣い、優しいですね。ダイエットが成功した暁にはビニーがチャンピオンに返り咲いたように安村さんも返り咲いてほしいですけど。何か新しい芸を考えてます?

安村 もちろん、新ネタは考えてますよ! 痩せてパンツを隠しきれなくなってますけど、お腹の皮が余っているので、それを引っ張って隠そうと思います。あるいはお盆で隠しますよ!

−お盆はダメダメ、アキラ100%のネタでしょ(笑)。

安村 とにかく鍛えまくって痩せて、あの芸はもうやれないぐらいに自分を追い込みたいですね。

−でもスリムになったら余計に女性が寄ってくるんじゃないですか?

安村 大胸筋でブンって跳ね返しますよ! 同時に心の筋肉もつけてますから、安心してください!

−それも新しく使えますね! 映画では主人公のビニーを名トレーナーが支えていましたが、安村さんにとってのトレーナーは誰ですか?

安村 もちろん家族です!

−トレーニング中、どうもありがとうございました! 再ブレイク信じてますよ!

そして1ヵ月、宣言通り、13kgの減量(93キロから80キロ)に成功! それどころか、さらに77キロまで激やせ…パンツが隠れなくなってしまったが、精悍な顔つきには自信があふれていた。

(取材・文/夏まりも 撮影/松井秀樹)



■「ビニー/信じる男」ストーリー

アメリカ、ロードアイランド州プロビデンス。自惚れ屋のビニー・パジェンサは世界ジュニアミドル級のチャンピオンだが、交通事故で首を骨折し瀕死の重傷を負う。その痛々しい姿に誰もが選手生命を絶たれたと思い、周囲の人間たちも離れていく。だが、彼は命を懸けトレーナーのケビンと共にどん底から王座奪還をめざす! 監督・脚本:ベン・ヤンガー 製作総指揮:マーティン・スコセッシ 出演:マイルズ・テラー、アーロン・エッカート、キアラン・ハインズ、テッド・レヴィン