【17日の天気】海に飛び込みたい猛烈な暑さ

2017/07/17 08:13 ウェザーニュース

海の日の今日17日(月)は、関東では前日を上回る猛烈な暑さ。西日本も太平洋側で猛暑日の所が多くなりそうです。

詳しい天気解説

関東、東海:内陸部は体温超えも、暑さ厳重警戒

午前中は雲が広がりやすく、一部で雨の降る所がありそうです。段々と雲は解消し、強い日差しが照りつけてきます。日差しの強まりとともに気温はぐんぐん上昇。各地で軒並み35℃以上の猛暑日となり、埼玉県熊谷や群馬県館林など38℃と体温超えの暑さの所も。最大限の暑さ対策が必要です。>>今の熱中症危険度は?>>気をつけたい、子供の熱中症

西日本:暑さと急な雨に要注意

前線の影響を受ける中国から近畿にかけては雲が広がりやすくなりそうです。日差しが出るタイミングがある一方、雨の可能性もあるので、お出かけには折りたたみの傘など雨具をご用意ください。九州や四国は日差し優勢で厳しい暑さ。35℃を超える所もありそうです。屋外のレジャーを楽しむ場合は水分補給を欠かさずに。

北日本、北陸:お出かけには念のため傘を

北海道の各地や東北北部は雲が多く、雨の降りやすい天気。日差しの出る東北南部や北陸でもにわか雨の可能性があります。今日のお出かけには念のため折りたたみの傘があると安心です。北海道のオホーツク海側は昼間も気温が上がらず、20℃に届かない所も。ヒンヤリとした体感になるので、服装選びにもご注意ください。

沖縄:海のレジャーも楽しめる天気

昼間は日差しが届いてお出かけやマリンレジャーを楽しめる天気です。暑さは厳しく35℃近くまで上がります。紫外線と熱中症対策は必須です。>>現在地の詳しい天気を確認