独占取材!森岡亮太が語る、日本代表で感じた壁、理想のプレースタイルとは

写真拡大 (全6枚)

前回に引き続き、今稿でも森岡亮太の独占取材の様子をお届けする。

今回は、日本代表で感じた壁、そして、自身が追い求める理想像が話題に中心に。これまで明かされたことがない秘話を含め、必見のエピソードばかりとなった。

カレン(以下、――):ベフェレンへの移籍の話に戻りますが、Jリーグ復帰の可能性はなかったのでしょうか?

森岡亮太(以下、省略):今の自分にその選択肢はなかったですね。今は海外でのプレーを考えているので。ヴィッセル神戸はずっと気に掛けてくれているのですが…。

――ヴィッセル神戸の動向は今も追っていますか?

試合結果はチェックしてますよ。後は、SNSに試合の動画が上がっていたら見てます。やっぱり、気になりますね。僕がいた頃からけっこうメンバーは変わっていますが。

――とは言え、岩波拓也選手など、仲の良い選手もまだ在籍していますもんね。

はい。タクはずっと試合に出続けているので、代表に入って欲しいですね。能力がすごく高いセンターバックなので。

――センターバックと言えば、海外のトップレベルでは、「強くて、速くて」という選手がゴロゴロいますよね。

まぁ、海外はトップレベルじゃなくても平気でいますよ(笑)何ていうか、「下手でもなんとかなる」っていう選手が多い印象はありますね。例えば、(カルレス・)プジョルとか。彼なんかは、速さや上手さはそこまで感じませんでしたが、とにかく強かった。そして、何よりも闘える。ああいう選手が海外では本当に多いです。

――そのようなタイプの選手は対峙するとやり辛いですか?

んー、どうでしょう。ガツガツくるようなタイプは一人で時間を作れなくなるだけなので、味方のサポートがあれば何とかなりますね。

――日本ではあまり見かけないタイプのディフェンダーたちを相手にしながら、ポーランドでは一人で仕掛けるシーンも増えた印象です。「レベルが上がった」という表現が適切かどうかはわかりませんが…。

自分の中では「昔の形に戻ってきたな」っていう感覚ですね。元々こういうプレースタイルだったし、ずっとこれでやってきました。それがプロに入って、サポート寄りに変わっていった感じですかね。

――少し話を変えますが、先日行われた日本対イラク戦は見ましたか?

はい。ただ、後半途中からだったと思います。

――今の代表の印象とかってありますか?ここ最近は、自陣からの繋ぎでパスミスが発生するなど、これまでにはあまりなかったシーンが目立っている印象もありますが。

どうでしょう。ただ、その「ミス」で言えば、ポーランドで一つ感じたことがあります。シュロンスク・ヴロツワフは、本当に波があるチームで、良い時と悪い時の差が激しかったんです。監督が代わったとか、選手のポテンシャルの話は置いておいて、とにかく波があるチームだったんですよ。で、その波の多さが原因なのか本当にミスも多かったんです。そこで「何でこんなに波があり、ミスも多いんやろ…?」と自分も考えました。それで一つ気が付いたのは、「監督から『闘え』とか『アグレッシブに行け』と言われれば言われるほど、その波が発生しているな…」と。

――それは興味深い話です。

不思議なんですけどね。逆にそういう話がなくなってくると、選手のミスも減り、活き活きとしてくるんです。

――「闘う」や「アグレッシブ」というキーワードは今の日本代表もイメージさせますね。

試合中なんかも一緒で、監督からそういう指示が出ている時は、先制しても「守り切らないと…」という空気感になる。でも、監督から特に指示がない時は、「もっと取れるぞ」という押せ押せムードになるんです。自然と選手の考えが変わってくるんですよね。「こうせなあかん、こうせなあかん」って迫られた結果としてミスが増えるというか。特に今季のリーグ終盤戦のように大勝していた頃は、とにかく勝てそうな雰囲気があったし、難しいことでも簡単に出来そうな感覚でしたね。

――そういった感覚は日本にいた時からありましたか?

ありましたけど、日本の場合は、真面目な選手が多く技術力も高いので、「ミスが目立っていなかった」という感じがします。ポーランドは、やはり、テクニックの面では日本に劣るのでミスが目立ちやすいというか。

――なるほど。「ミス」というのは、わかっていても発生するものだと思いますが、その時、監督の反応を気にする選手も多いようですね。

やはり、選手はどうしても気にしてしまう部分がありますね。自分も練習中に監督から「えっ!?」って顔をされたこともありました。で、練習を止めると勢いよく走ってきて、「これできるの!?」みたいな態度を取られたりも…。そういうことが増えると、選手は萎縮していきますね。

――監督の対応一つで変ってくるわけですね。

で、そういう空気がチームに生まれてしまうと、選手間でも似たようなことが発生します。あるミスをテーマに「これはどっちが原因だ?」と議論することがありますが、雰囲気が悪いと「お前のせいだろ!」とお互いにぶつけ合う。

――選手にも影響が…。よく言われることですが、外国人選手の自己主張は強いですか?

やはり、強かったですね。でも、不思議なもんで気分が乗っている時は自分から謝ってくることもあるんですよ。日本人選手よりも感情の浮き沈みがわかりやすいです。

――そのような選手たちがチームメイトとなり、森岡選手自身の対応に変化は?

自分はあまり物を言わないタイプでしたが、ポーランドに行ってから「これはダメだな」と思って…それからは言うようになりましたね。チームの雰囲気が悪い時は「大丈夫、大丈夫!」と声を掛けたりとか。

――雰囲気作りですね。

当たり前ですが、物事を悪いほうに持っていっても、良いことは一つもないじゃないですか。もちろん、ポジティブなことを言ったからって全部良くなるわけではないです。でも、言うことによって、少なからず自分の気持ちは保てます(笑)なので、「自分が言うことで周りが気持ちよくなってくれたらええな〜」と期待しつつ、自分の気持ちを上げるという意味でもそういう行動を取っていましたね。

――日本と比較して、チームメイトとコミュニケーションを取る機会は多かったですか?

日本のように特定のグループで週に一回飯に行ったりとか、そういう習慣はなかったですね。でも、似たようなことはありましたよ。ただ、その中でズレを感じたりも(笑)「あの時のあのプレーをどう思う?」みたいな話をするんですが、「あれ、なんか違うな?」っていうリアクションがチームメイトから返ってくる。そういう時は、困りました(笑)バルセロナの下部組織でやっていた選手とは、そういうフィーリングは合いましたけど。

――少し話を戻しまして代表の話を。森岡選手はハビエル・アギーレが監督の頃に招集を受けて二試合に出場しました。そこで感じたものは何かありましたか?

自分が今まで一緒にやった中で最もレベルが高かったのが、日本代表だったり、対戦相手でいうところのブラジル代表でした。だから、どちらも"レベルの違い”を感じましたね。日本代表の練習に初めて参加した時に驚かされたのは、やはり、海外のトップリーグでやっている選手たちでした。「持っている選択肢」が全然違うんですよ。そして、プレーの質も段違いでした。「この人たちは違うステージにいるな」と思いましたね。

――「全てが違う」という感覚だったわけですね。

でも、さらにその上のステージにいたのがブラジル代表でした。彼らを相手にした日本代表は選択肢を減らされているのに、彼らは全く変わらない。「本気じゃないのかな?」って感じるぐらいの余裕すら彼らにはありました。

――手応えはどうでしたか?

ゼロですね。全くと言っていいほど。「まだ戦えるレベルにはないな」と感じてしまったのが正直なところです。自分たちがボールを保持しても、「次、どうしようか…」と焦っていました。ただ、監督にアピールするためには持ち味を出さないといけない。で、そういう焦りが「チグハグさ」になって表れてしまいました。フリーにもかかわらず、「岡さん(岡崎慎司)、頼みます!」みたいな無茶なボールを放り込んだりで…。

――来年はロシアW杯です。意識は?

もちろん、していますよ。監督が代わってからは呼ばれていませんが…。

――ただ、欧州で活躍している選手の中には呼ばれている選手もいるので、可能性はありそうですよね。

どうですかね?僕はそれを信じてやるだけです。

――ちなみに、「究極の目標」というか、プレーしてみたいクラブとかは?

となると、バルセロナですね。そこはブレずに昔からやっています。「そこで通用する選手になる」という思いは持っています。

――その目標を目指す上での課題は?

それは全てですね(笑)課題は山積みです(笑)

――森岡選手が目指すプレースタイルについて深堀りしようと思うのですが、モデルにしている選手はいますか?

一番近いところだと、(アンドレス・)イニエスタやイスコですかね。二列目とか三列目に位置しながら、マーカーをかわせる選手。あの位置でかわしても、相手のセンターバックって出れないじゃないですか。なので、その瞬間にスペースが出来てるんです。「何でも出来る時間を生まれる」というか。そういうことが出来る選手を目指していますね。

――となると、最近プレーしているポジションとは少し違いますね。

ポジション的には、最終局面で一対一からゴールに向かうというより、その一つ手前が好きなんです。そこで、ドリブルも、パスも、シュートもできる選手が好きですね。さらに言うと、チームのリズムが乱れてきた時に落ち着かせられる選手です。自分でも行っても良し、周りを使っても良しが理想的。

――海外に出て初めて気付かされた課題とかはありますか?

「体を当てられた時にかわし切るための力」ですかね。それは海外に出てから強く感じました。そういうシチュエーションでも負けないことが重要なんです。後は直線的なスピードですかね。五分五分の場面でもキレは必要だなと。

――スピード勝負は…?

昔から苦手ですね。ずっと足が遅かったんで。だから、今も足を速くするトレーニングは研究しています。

――そのスピードがあれば、抜き切るための力にもなると?

というよりは、足があれば、プレーの幅が広がると思うんですよね。例えば、イスコがドリブルを仕掛ける時、客観的に見たら「勝率五割」のような状況でも、彼は「勝率八割」の気持ちで挑んでいるはずです。で、この「勝率」を自分自身の中で高めること、その自信をどこまで深められるかによってプレースタイルも変わってくるなって。今の自分は、周りの状況や対峙する選手を見た上で「抜けるだろう」と判断できる状況でしか仕掛けられません。でも、キレが増してくると、これまでは勝負を避けていたシチュエーションでも仕掛けられるようになると思います。ゲームの中で、自分がしたいプレーが増えてくるイメージですね。

――プレーの選択肢が広がるということですね。

そうです。で、今、その選択肢が最も多い選手が(リオネル・)メッシだと思っています。

――選択肢の話が出ましたが、森岡選手の十八番として、「バイタエルエリアで人をかわしてからのミドルシュート」という形があると思いますが、あれは得意な形でしょうか?

そうですね。ポーランドに来て狙う回数も増えました。でも、あれは、「メッシが持っているような最終ラインを突破できる力がないから」とも言えます。「最後のブロックの一つ前で打ってしまっている」というか…。だから、これから自分の能力が上がってきたら、そこも変わってくるかもしれません。最終局面を突破できる自信がついた時は、ペナルティエリア内にもガンガン仕掛けますよ(笑)

――それは楽しみです!

その時は、「あいつ、もう一つ前に行くようになったんや〜」と驚いてください(笑)

――レベルアップの証ですね。

ミドルもあるし、中にも入ってこれるという選手になれば、確実にプレーの幅は広がりますからね。そういう選手に対しては、相手のバックラインも潰すために前に出ないといけないので、フリーの選手が生まれます。そうなれば、そこを使ってのワンツーだったり、崩しのレパートリーも増えます。

――ベルギーでどのようにプレースタイルが変わっていくかにも注目して、これからも追っていきます!

ありがとうございます!

さて、二編に渡ってお届けした、特別インタビューはいかがだっただろうか。

今まであまり語られなかった、日本代表で感じた壁、自身が目指しているプレースタイルなど、ファンならずとも楽しんで頂けたのではないかと思っている。

今後もQolyではベルギーで活躍する彼の姿を追っていきたい。

そして、今回はQolyユーザーのために特別プレゼントもご用意した!

「初めてなので、綴りを確認させてください…」と苦戦しながら書いた、彼自身にとっても初となる、ワースラント=ベフェレン仕様の直筆サイン色紙を一名にプレゼントだ!

応募方法(Twitter)

@qoly_live のアカウントをフォローした後、上記ツイートに #ガンバレ亮太 のハッシュタグと応援メッセージを付け、引用RTしていただくことでプレゼントの応募は受付完了となります。

※応募の締め切りは2017年7月28日(金)23:59までです。
※当選者には弊社SNSアカウントよりご連絡致します。
※弊社からのご連絡後、72時間以内にご返答を頂けない場合は当選は無効とします。
※当選確認のお問い合わせにはお答えできません。