犬だって怒ります

犬はとても寛大な動物です。
私たちの失敗にも穏やかに接してくれます。

しかし、どうしても我慢できないこと、嫌なことがをされると「怒る」という表現で私たちに伝えてきます。

犬が怒るときには、

鼻にシワを寄せる歯を見せる唸る吠える噛みつく

などの表現をして伝えてきます。

では、具体的にどのようなことに対して犬は怒るのでしょうか?
犬が怒ることとその理由、対処法を学んでいきましょう。

犬が怒ることその1:大切なものを取られた

人間でも自分の大切なものをいきなり取り上げられたら嫌ですよね。
犬にも「所有」という概念があり、自分の大切なものが分かっています。
犬が「大切なもの」としやすいものとしては、

ごはんお気に入りのおもちゃ子犬(母犬の場合)

などが挙げられます。これらを扱うときは特に注意をしましょう。

対処法

「取り上げない」「触らない」ことが1番です。
犬がごはんを食べている時などは邪魔をしないようにしましょう。絶対に途中で取り上げたりしてはいけません。

どうしても取り上げなければならない場合は、犬の注意を逸らしてタイミングを図りながら取り上げましょう。

犬が怒ることその2:暴力をふるわれた

暴力をふるわれ、防衛本能から反撃したり、「やめて欲しい」ことを表したりするために怒るという表現をします。

対処法

どんなにイライラしても、愛犬に対して暴力はふるわないようにしましょう。
あなたの表情や雰囲気で、あなたの怒りは犬に十分伝わります。

犬が怒ることその3:苦手なことをされた

爪切りや歯磨きなど、そのワンちゃんが苦手なことを無理にしようとしていませんか?
「いやだよ!やめてね!」という意味を込めて怒りを表しています。

対処法

愛犬の苦手なことへのイメージを変えましょう。たとえば、歯磨きが嫌いなワンちゃんは「初めての歯磨きの時に苦しかった」「歯ブラシが痛かった」などマイナスのイメージがついていると思われます。「少しずつ」「ご褒美をあげながら」など愛犬が少しでも良いイメージを持てるように工夫してあげましょう。

犬が怒ることその4:縄張り、権力争い

飼い主さんがワンちゃんのお気に入りの場所やお家を掃除したりしていた際に中に入った時やご家庭でワンちゃんを数匹飼っていたり、もしくは他の動物を飼っていたりしてた際にその子たちがワンちゃんのお家やお気に入りの場所に入った時、ワンちゃんが怒ったりそわそわしているような様子をしているのを見たことはありませんか?
それは自分の居場所や縄張りを占有されるのが犬の本能で嫌だから怒ってしまったり、飼い主さんに対しても信用しているからこそどうして?というような気持ちがあって困惑しているんです。

対処法

ワンちゃんのための場所、人のための場所、共有する場所。といった線引きをしっかりすることでワンちゃんにもストレスを与えなくて済むし、しつけにも繋がり一石二鳥だと思います。

まとめ

以上4つの「犬が怒ること」を見てきました。いかがでしたでしょうか?
人間も怒るのにすごくエネルギーがいるし、いざ怒ると疲れてしまうことってありますよね?
ワンちゃんも同じ生き物だからきっと同じだと思います。
仲良く暮らすのが1番の幸せですね。