オリジナルキャストがまさかの降板! 写真:Everett Collection/アフロ

写真拡大

 米CBSの人気ドラマ「HAWAII FIVE-0」から、オリジナルキャストのダニエル・デイ・キムとグレイス・パークが卒業すると、米バラエティが報じた。

 1968〜80年に放送された「ハワイ5-O」をリブートした同シリーズは、ハワイを舞台に特別捜査班“FIVE-0”が凶悪事件に挑むポリスアクション。チン・ホー・ケリー役のキムと、コノ・カラカウア役のパークは、シーズン1からシーズン7までレギュラーを務めてきた。アメリカで9月29日から放送がスタートするシーズン8では、第1話で2人がいなくなった理由について説明するくだりはあるものの、今後何らかの形で復帰する可能性は現時点ではないという。

 同サイトが入手した情報筋の話によれば、キムとパークは新シーズンでの続投にあたり、主演のアレックス・オローリン(スティーヴ・マクギャレット役)と、スコット・カーン(ダニー・ウィリアムズ役)と同額の出演料を求めていたが、制作元のCBSが最終的に満足のいく条件を提示しなかったため、交渉が決裂。前シーズンを最後に、番組を去る決断に至ったとのことだ。

 CBSはキムとパークのシリーズ卒業を告げる声明のなかで、「これまで私たちが手がけてきた168エピソードの1話1話に、たぐいまれな才能とプロ意識とアロハ・スピリットを惜しみなく注ぎ込んでくれたダニエルとグレースに、深く感謝しています。2人が今後も素晴らしいキャリアを歩んでいけるよう願っています。マハロ(ありがとう)&ア・フイ・ホウ(さようなら)……」とコメントした。

 「HAWAII FIVE-0」は、現在AXNでシーズン6が放送中。シーズン7は7月23日から放送。