セネガルリーグ杯決勝で壁が崩落、8名のサポーターが死亡

写真拡大

『Mirror』は15日、「セネガルのリーグカップ決勝が行われていた会場で壁が崩壊し、8名のファンが死去した」と報じた。

会場はセネガルの首都ダカールにあるデンバ・ディオップ・スタジアム。USOとスタッド・ドゥ・エンブラとの間で行われた試合だった。

発端は両サポーターの間で発生した衝突だった。

後半ロスタイムにUSOのサポーターがスタッド・ドゥ・エンブラのスタンドに向けて投石を始め、警察は催涙ガスを発射する。それによって会場はパニックに陥った。

試合が行われているピッチに続々とサポーターが降りる中、その勢いに耐え切れず壁が崩壊。瓦礫が人の上に落下し、将棋倒しが発生したという。

これによって8名が死去し、60名が負傷する大惨事となった。

『Telegraph』の報道によれば、問題は両チームのサポーターの間に挟まれたスタンドの観客が混乱したことであるとのこと。

セネガルでは4月にも宗教施設で数十人が死亡した事件が発生しており、安全管理の問題が広がっている。