浴衣デートで彼がほれ直す?ホステスが教える男子をキュンキュンさせるコツ

写真拡大

【現役ホステスが語る男ゴコロの裏事情91】



夏、真っただ中。大好きな彼との花火デートの予定がある女子もいるはず。せっかくだから浴衣で行こうかな♪と思っている人もいるでしょう。

そこで今回は、ホステスでもある筆者が、浴衣デートで魅せる方法についてご紹介します。

◆浴衣ってだけでかわいく見える


筆者の個人的な意見ですが、どんな女子も浴衣を着ているだけで2割増しかわいく見えます。
しかも、ただかわいいだけじゃなく、しおらしく見えるんですよね。なので彼に「おっ」と思わせたいのなら、花火やお祭りは浴衣で行くことを推奨します!

筆者もしょっちゅうではないけど、夏になると浴衣を着ることがあります。お付き合いしている彼からは毎回、「やっぱり浴衣いいね!かわいい!」と好評ですよ。

◆浴衣でこれをやるとどん引き!


浴衣を着たらそれなりの振る舞いを!せっかく2割増しかわいくなっても、残念な着方・動作をしたら、男子もどん引きです。

例えば、着付けがグチャっとなっているとか、下着が透けている、猫背、足を広げて座る、明らかに浴衣に似合わないハイブランドバッグ、下駄の音がうるさすぎ…などはNG。

浴衣姿の時は、いつもより仕草や行動に気を遣いましょう。間違っても、浴衣を着ているのを忘れて足を広げたりしないこと。

できれば小物も浴衣に合うものをチョイスして、アンバランスにならないようにしましょうね。
いくら浴衣がステキでも、残念なポイントが多ければ男子は萎えますから。

◆彼の心を引き寄せたいなら


花火や夏祭りって人が多いですよね。そこに浴衣&下駄で行くとなると小股でちょこちょことしか進めないので、彼とはぐれてしまうことも…。

ほら!彼の袖をつかむチャンスです!人混みで袖をつかめば、たいてい男子のほうから手をつないでくれますよ。

あと、うちわや扇子でゆっくり胸元をあおぐ姿は、男子からしたら色っぽく感じるようです。できれば、ただ暑い時にあおぐのではなく一工夫したいもの。

筆者も浴衣を着る際、うちわや扇子を持って行くのですが、出かける前にフレグランスを振っておきます。
汗臭いのがバレたくないから、あおいだ時に隣にいる彼にいい香りが届くように、優しい香りをシュッとひと振りしてるんです。これ、結構ドキッとするんですって。

夏らしく爽やかで、且つ甘い香りのフレグランスを振ったうちわや扇子…この事前準備はかなりおすすめです!

◆できれば着付けを覚えると◎


浴衣でデートとなると、人混みにもまれて途中で浴衣がはだけちゃう…なんて可能性がありますよね。
また、彼とそのままお泊まりデートということも無きにしも非ず。となると、自分で着付けができないのって不安じゃないですか?

恥ずかしながら筆者も、自分ではキレイに着られません。お仕事で着物や浴衣を着るときも、出勤前に着付けしてくれる所に持って行き、両手を広げて突っ立って、おばさまに着せてもらっているので…。

これを読んでいる女子のみなさんも、自分でキレイに着られる!って人は少ないんじゃないでしょうか?

でも、ゼロからの着付けはともかく「ここが崩れたらこうやって直す」という原理だけでも知っておくといいかも。
本やDVDを見ながら練習しておけば、何かのときも困らないで済みそうです。他の女子が着崩れて困ってたら、ササッと直してあげることもできるし。

◆彼をキュンキュンさせて


そろそろ花火大会や夏祭りの季節。ぜひ彼に浴衣姿を見せてキュンキュンさせちゃいましょう。
彼にも浴衣を着てもらって、2人で浴衣デートっていうのもステキですね!

ライタープロフィール


美佳
コーヒーとスイーツをこよなく愛する東京在住のフリーライター。あちこちの媒体で執筆中。
昼間はカフェ等で記事をかきかき。夜はドレスを着用し ばっちりメイク顔で酒をかっくらってるホステス。
そんな20代後半の私です。