左から萩原みのり、久保田紗友、もたいまさこ

写真拡大

萩原みのりと久保田紗友の若手2人がW主演をつとめる映画『ハローグッバイ』の初日舞台挨拶が7月15日にユーロスペースで行われ、2人をはじめ、もたいまさこ、渡辺シュンスケ、渡辺真起子、岡本夏美、川瀬陽太と、菊地健雄監督が登壇した。

『ハローグッバイ』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は、孤独と秘密を抱える決して関わることのなかった女子高生、水野はづきと今村葵が、ある認知症のおばあさんと出会うことで歩み寄り、ぶつかり合い、少しだけ前に進んでいく青春ドラマ。

これが初主演となるはづき役を演じた萩原は「今日が初めての舞台挨拶なので、ものすごく緊張しています」と挨拶。同じく初主演で、葵に扮した久保田は「ついにこの日がやってきて。去年の撮影からあっという間でしたが、今は幸せな気持ちです」と笑顔をのぞかせた。

また萩原は、認知症のおばあさん・小林悦子役を演じたもたいとの共演について「私たち、もたいさんのことが本当に大好きすぎて。カメラが回っていない時もずっと一緒にいてくれたことがとても嬉しかったです。商店街のシーンでお団子屋さんがあって、2人で『お団子美味しそう』と話していたら、後からもたいさんがお団子を買ってきてくださったんです。撮影中は終始もたいさんの前でキャッキャしていました!」と楽しそうに振り返った。

これに対しもたいは「可愛かったですよ〜」と優しい眼差しで返し、笑いを誘った。一方、本作でもたいの娘、小林早紀役を演じた渡辺は、撮影を振り返り「本当に撮影時はアスファルトが溶けちゃうんじゃないかってぐらい暑くて、監督もしつこいし(笑)。でも炎天下の中の撮影でしたけど、幸せな時間でした」と語った。

萩原扮するはづきの友人役を演じた岡本は「主演2人とは違ったい生き方をした女子高生を演じて、少しでも2人の関係性にスパイスのようなものを加えられたらと思い演じました」とコメント。そんな岡本の演技に対し、萩原は「正直、怖かったです!」と暴露。「『私たち、友だちだよね?』というセリフがあるんですけど、その時の顔がものすごく怖くて。でも普段は本当に優しいです!」と言うと、岡本は「逆にそのフォローだめ!」とダメ出しし、2人のやりとりに会場は大盛り上がり。

最後に萩原が「すごく素敵な作品に主演という形で出させていただいて、とても幸せでした。私はこの作品が本当に大好きなので、みなさんにも好きだと思ってもらえたら幸せです!」とアピール! 久保田は「この作品を作る段階からすべてが一期一会だと思っていました。短距離走のような短い期間の中ですごく濃密な時間を過ごせました。あの当時16歳の私だったからこそ生まれる感情を出せて、それを映し出せた作品になっていると思います。この作品を見て、少しでもポジティブに、そして共感して頂ければ嬉しいです」と感謝の気持ちを伝えていた。