セバージョスの移籍を禁じたい会長ペレス

写真拡大

レアル・マドリードはダニ・セバージョスの将来に期待している。会長フロレンティーノ・ペレスはこの若き才能ある選手を長い間マドリーにつなぎとめることを望んでおり、移籍違約金をなんと5億ユーロ(約645億円)に設定した。

【関連記事:20歳新星 レアルと契約発表】

『As』紙はセバージョスが今夏の移籍市場で数多くのクラブからオファーを受けたことを知り、このような高額の違約金を取り付けたと報道している。セバージョスにオファーを送ったクラブにはFCバルセロナもいた。

UEFA U-21欧州選手権におけるセバージョスの活躍と、MVPへのノミネートがこの選手への注目を一気に高めた。ベティス所属でプレーしていたセバージョスは今や欧州でも最も注目される期待の新星だ。

弱冠20歳にしてセバージョスはレアル・マドリーとの6年間にわたる契約を確定し、来る7月20日にサンティアゴ・ベルナベウでの入団記者会見を控えている。