とにかく明るい安村ら“不倫した男”にだけは言われたくない?

写真拡大

16日に更新したブログで「あなたにとやかく言われる筋合いは、何処にもありません」と俳優の渡辺謙を非難した松居一代。彼女は12日にもお笑い芸人・とにかく明るい安村をブログで責めていたが、なぜこの2人のコメントにだけ松居は反応したのだろうか。

11日に行われたイベントで、松居についてコメントを求められたとにかく明るい安村は「動画が見にくいので、映像を縦ではなく横にした方が良いのでは」と語ったところ、彼女は『松居一代オフィシャルブログ』で「申し訳ないのですが、(横より)縦が私にとっては都合がいいんですよ」と反論。そして「あなたも、奥さんを二度と苦しめないように!!」と2016年3月に報じられた安村の不倫騒動に触れ、「奥さん! よく耐えらましたね」(原文ママ)と彼の妻に対する労いの言葉が綴られていた。

この件で16日放送の『ワイドナショー』のスタジオに呼ばれた安村は、芸能記者から感想を求められ差し障りない回答をしたつもりが“なぜか数ある中から自分のコメントがピックアップされ、めちゃくちゃ怒られた”と苦笑いする。するとMCの東野幸治は「もしかしたら松居さん自身は“不倫した人”っていうのが一番引っかかったんじゃないですか」と推測した。

渡辺謙も15日に開いた会見で自身の不倫を認め謝罪したが、記者から松居と船越英一郎の泥沼離婚騒動について聞かれ「それぞれ穏便に解決してくれたらいいんじゃないかなと思う」とコメントした。これを知った松居は翌日のブログで、「人のことをおっしゃる前に、自分の不誠実な生き方を改めるべきです」「女性、妻を、なめてますよ!!」と妻を裏切った渡辺にかみついたのだ。

16日放送の『サンデー・ジャポン』で番組レギュラーのテリー伊藤は「潔癖症である松居の人生の中には、“愛する人が浮気をする”という観念が全く無い」「その事実を突きつけられると人格が崩壊する」と指摘していた。“自分の戦いは正義”と船越を叫弾する今の彼女の言動を、“不倫をした男”からとやかく言われることを松居は許さないのかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 みやび)