乃木坂46松村沙友理、秋元真夏がWセンター(C)モデルプレス

写真拡大

【秋元真夏/モデルプレス=7月16日】乃木坂46が15日、都内で新曲『ひと夏の長さより…』(8月9日発売/18thシングル『逃げ水』C/W楽曲)を初披露。同楽曲はフジテレビ夏の恒例イベント「お台場みんなの夢大陸」(7月15日〜8月31日@フジテレビ本社屋およびお台場・青海周辺)のテーマソングで、センターポジションには秋元真夏と松村沙友理の2人が立った。今回初めてセンターを務める秋元は同日、ブログを更新し心境をつづっている。

【さらに写真を見る】乃木坂46「めざましライブ」の模様をたっぷり

◆秋元真夏、待望のセンター楽曲


「今回まっつん(松村)とWセンターになりました。どうでしたか?センターに立つというのは初めてだったので、みんなを背負ってるんだっていう気持ちが強くのしかかってきて、大変なんだなと感じました」としコメントしていた秋元。それぞれ「さゆりんご軍団」と「真夏さんリスペクト軍団」を率いる“軍団長”コンビのセンターはファンの間でも大きな注目を集めている。

◆「まっつんもひっくるめて言うのは申し訳ないんだけど…」


秋元は、ブログでも「自分でもびっくりしましたがひと夏の長さより・・・ではまっつんとWセンターを務めさせていただくことになりました!素直にすごく嬉しいです」と改めて報告。

「夏生まれ(8月20日生まれ)と名前のせいか、夏曲でのセンターは密かに憧れがありましたがまさかこんなタイミングで任せてもらえると思っていなかったのでふいに素敵なプレゼントをもらったような気持ちです」と喜びを噛み締めた。

そして、「まっつんもひっくるめて言うのは申し訳ないんだけど...笑」と前置きをして、「まっつんも私も歌とダンスにちょっぴり難があるタイプなので協力しあってお台場夢大陸もこの夏も盛り上げられるように頑張ります!」と不安を吐露しつつ力強く意気込み。「私を応援してくれてる人少しでも喜んでもらえたら嬉しいな」とファンへメッセージを送った。

ファンからは「初センターおめでとう!」「これからもずっと応援してるよ」「真夏が真ん中にいるのが嬉しかったよ」「センターすごく嬉しい」と祝福とエールが続々と寄せられている。

◆新曲「逃げ水」も初披露


なお、15日のイベントの模様は、同日10時25分〜フジテレビで生中継された。

その後は「スマイルランド(夢大陸屋外特設会場)」にて「めざましライブ」のオープニングステージを飾り、昨年9月に乃木坂46に加入した3期生の大園桃子と与田祐希がWセンターを務める新曲『逃げ水』も初披露した。(modelpress編集部)

情報:秋元真夏

【Not Sponsored 記事】