斉木楠雄(さいきくすお)を演じる山崎賢人(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

写真拡大

【山崎賢人/モデルプレス=7月16日】山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)が主演をつとめ、福田雄一監督がメガホンをとる映画『斉木楠雄のΨ難』(さいきくすおのサイなん/10月21日公開)の予告編が公開された。かねてよりコメディの名手・福田監督とのタッグを熱望していた山崎。「今までにない初めてのジャンル、 今までにないお芝居に挑戦できた」と語る新境地が約1分半の予告編に詰め込まれている。

【さらに写真を見る】橋本環奈、新井浩文、吉沢亮…“再現度すごい”キャラビジュアル一挙解禁

◆山崎賢人は、めっちゃおもろい男なのです!



原作は2012年より「週刊少年ジャンプ」で連載中、シリーズ累計発行部数500万部を超える麻生周一氏の異色ギャグコメディ。ゲーム、アニメなど幅広く展開され、テレビアニメはその人気ぶりから続編の制作が発表されている。

山崎演じる主人公・斉木楠雄は生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して生活する高校生。まずド派手なピンク色の頭に緑色のメガネというルックスが目を引くが、その無表情の奥には、人とは違う能力を持ち合わせているせいで“人生めちゃくちゃ”という悩みがある。予告編でもテレパシーにサイコキネシス、透視にテレポートに勇者(!)……と、その能力を操れば“大抵のことはなんだってできる”ものの、あらゆる災難に見舞われてしまう楠雄の姿が。彼の願いは「普通に生きたい!」というただ一つなのだが―。

元々原作の大ファンであった福田監督自ら「どうしても山崎賢人で!」と熱烈オファー。念願の初タッグを経て福田監督は「山崎賢人は本来、ツンデレとかじゃないのです!めっちゃおもろい男なのです!そして緑のメガネが似合います!」と語っている。その言葉通り、ひたすら無表情で周囲に(脳内で)ツッコミ続ける楠雄をシュールかつ愛らしく好演している山崎。「山崎賢人、実写やりすぎじゃね?」と自らネタにしてみせた特報が話題を呼んだが、予告編でも自身のブレイクのきっかけとなった“壁ドン”で校舎を破壊するという笑撃シーンが。

パロディを多数取り入れることで知られる福田監督のもとで、山崎のコメディの素質が存分に開花するとともに、これまでの作品・役柄とのギャップから、役者・山崎賢人の実力を見せる機会にもなりそうだ。

◆橋本環奈が妄想美女!吉沢亮はゴリゴリの中二病!


山崎の脇を固める豪華共演者も話題に。橋本環奈演じる照橋心美(てるはしここみ)は学園のアイドルだが、天下無敵の美少女であることを自覚している上に妄想グセがあるため、“心の声”が聞こえてしまう楠雄にとっては「トキメキもくそもあったもんじゃない」。同じく福田監督作品の『銀魂』(公開中)神楽役で鼻ほじやゲロも演じきったことが話題の橋本だが、『斉木楠雄』の心美も負けず劣らず。予告編でも“天使級”スマイルの直後に目、鼻の穴、口を大胆に広げた変顔を披露しており、そのギャップは破壊力抜群だ。

そして楠雄のことを気に入って何かと絡んでくるクラスメイト・燃堂力(ねんどうりき)に新井浩文、海藤瞬(かいとうしゅん)に吉沢亮。新井演じる燃堂はモヒカン風の髪型にケツアゴという高校生離れした外見が既に「脅威の再現度」と話題だが、“楠雄のテレパシーでも思考を読めないほどのバカ”をいかにして演じているのか期待。吉沢演じる海藤はゴリゴリの中二病で、“漆黒の翼”として“謎の組織(ダークリユニオン)”と戦っているという設定。予告編でもナゾの構えを繰り出したり、ものすごい剣幕で「なんだとぉ〜〜〜!?」と叫ぶシーンなどがおさめられており、イケメン吉沢亮の“中二病全開”は山崎同様、新境地として期待できる。

◆メンチ切りまくる賀来賢人 ムロ&二朗は通常運転


ほかにも熱すぎる学級委員長・灰呂杵志(ハイロキネシ/笠原秀幸)のお尻や、ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」(日本テレビ系)でのぶっ飛んだ“池杉”役が記憶に新しい賀来賢人が元ヤン・窪谷須亜蓮(くぼやすあれん)役でしつこく楠雄に絡む様子などに注目。そして福田組常連のムロツヨシ(蝶野雨緑 役)&佐藤二朗(神田品助 役)は“通常運転”で登場、バカップルっぷりで楠雄を呆れさせるパパ(田辺誠一)&ママ(内田有紀)の姿もある。

予告編解禁とともにファンからは「面白そうww」「クオリティ高い」「予告編だけで楽しいと面白いが詰まってる」「原作よりもぶっ飛んでる予感!?」など期待の声。原作の麻生氏もTwitterで「もう予告100回くらい観てる」とコメントしている。


恋、友情、超能力吹き荒れるなか、楠雄は毎年恒例の一大イベントである文化祭、さらには地球滅亡の危機を乗り越えることができるのか!?楠雄の心情は原作と同じく大半がモノローグで表現されているようだが、予告編では心美と言葉を交わすシーンも。実写ならではのアレンジも注目ポイントとなりそうだ。(modelpress編集部)

■映画『斉木楠雄のΨ難』ストーリー


生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る、斉木楠雄。毎年恒例の一大イベント、文化祭で、なぜか斉木に想いを寄せる妄想しまくり美女や、超能力でも気配が読めないぐらいのバカなど、ワケありのクラスメイトたちがムダにカラんで、災難が次から次へとふりかかりまくる。ただ普通に生きたいだけなのに、何かの陰謀か?やっかいな恋と友情、そして超能力が吹き荒れる!そして、まさかの地球滅亡?!斉木は地球滅亡の危機を乗り越えることが出来るのか?

【Not Sponsored 記事】