【しゅわしゅわ】漬けこむだけでOK!炭酸フルーツの作り方

写真拡大

そのまま食べてもおいしいフルーツですが、ちょっとひと手間加えて、暑い夏の日にもピッタリな「炭酸フルーツ」にする方法もあります。どんなものなのかご紹介!

イチゴやミカンなどを炭酸水に6時間程度漬けるだけ

そもそも炭酸フルーツとは、炭酸水にフルーツを入れた飲み物ではなく、炭酸水にフルーツを漬け込み、フルーツ自体がしゅわしゅわ食感になるというもの。

具体的な作り方は、お好みのフルーツ(丸ごと)と炭酸水をジッパー付きのポリ袋などに入れて空気を抜いたら、6時間程度漬けるだけです。フルーツによって、炭酸を感じられやすいものと、感じにくいものがあり、イチゴやさくらんぼ、ミカンなどは比較的“炭酸感”を楽しめるのだとか。ポイントとしては、なるべく皮の薄いフルーツを選ぶといいようです。また、使用する炭酸水は、無糖のものでもサイダーやコーラのような甘味のあるものでも、さほど違いは出ないそう。

Twitter上で、実際に試した人の声を調べてみると…。

“早速炭酸フルーツ作ってみた(*´∀`)♪

みかんに炭酸移ってて新食感!ファンタオレンジ食ってるみたい!

今度は皮がないフルーツにしてみるかなー。“

“炭酸フルーツ!!

桃、林檎、蜜柑どれもシュワシュワ!!“

…と、たしかにしゅわしゅわになっている様子。実際に筆者も試したところ、しゅわしゅわの新食感のフルーツを楽しむことができました。ただ、“しゅわしゅわ”というよりも“パチパチ”のほうが近い気もします。

今年はスーパー猛暑になるともいわれていて、暑さが厳しい夏が予想されます。炭酸フルーツのような涼感いっぱいの食べ物で、暑さを和らげてみてはいかがですか?

(文・山手チカコ/考務店)