【心理テスト】夏祭りに着ていきたい浴衣はどれ? 答えでわかる夏の恋の勝負ポイント

写真拡大

 花火大会に盆踊りと、これから夏祭りが多くなる時期。夏祭りには、浴衣を着て参加する人もいるでしょう。もし浴衣を着ていくなら、あなたはどんな浴衣を着ていきますか?今回は浴衣の柄を使った心理テストを紹介します。

【質問】
 グループで夏祭りに行くことになりました。その中には、気になるあの人もいます。さて、どんな浴衣を着ていく?

A:アヤメ
B:ナデシコ
C:藤
D:桜

 あなたはどれを選びましたか? それでは結果をみていきましょう。

【診断できること】
「夏の恋の勝負ポイント」
 夏にしか着られない浴衣。浴衣の柄には、さまざまな意味が込められています。あなたが着ていく浴衣の柄から、あなたの夏の恋は何で勝負すべきなのかがわかるのです。

■A:アヤメ……礼儀正しさで勝負
 アヤメは、漢字で書くと「菖蒲」。「しょうぶ」とも読み、「尚武」=武道を重んじる心を意味しています。そんな武道の基本となっているのが、礼儀正しさです。アヤメの浴衣を選んだあなた、今年の恋は、礼儀正しさで勝負しましょう。謙虚な態度で、気品のある行動を心がけて。そうすれば、気になる人に好印象を持ってもらえるでしょう。

■B:ナデシコ……優雅さで勝負
 切れ込みの入った花びらが印象的なナデシコ。ナデシコの浴衣の柄は「優雅さ」をあらわします。この柄を選んだあなた、今年は優雅さで夏の恋に勝負をかけましょう。正しい姿勢に女性らしい仕草など、キレイな動作は異性を強く惹きつけます。夏の恋に向けて、自分の立ち振る舞いを見直し、優雅さを身につけましょう。

■C:藤……色気で勝負
 藤の浴衣の柄は「陶酔」や「美しさ」を意味すると言われています。藤の浴衣を選んだあなた。今年の夏の恋は、人を酔わせる美しさ、つまり色気で勝負しましょう。色気を出せば、それまで恋愛とは無縁だった人も一気にモテ期に入るはず。色気がなくて自信がない人は、メイクや香水からセクシーを取り入れてみるのもオススメ。

■D:桜……新しい自分で勝負
 桜は、春を連想させ、芽吹くことから「物ごとの始まり」や「新しさ」を意味します。桜の浴衣を選んだあなた、今年の夏の恋は新しい自分で勝負してみましょう。ファッションや髪型はもちろん、他人への接し方も変えてみましょう。新しい自分で新しい出会いを探せば、今まで体験したことのない、楽しい恋愛ができるはずです。

 夏の恋は、季節の中で一番熱く盛り上がるといいます。この夏に恋を始められるように、自分から勝負を仕掛けていきましょう。
(咲羅紅)※画像出典/shutterstock