「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」略して“ハピクロ”。ももいろクローバーZが贈る、“教養エンターテインメント・プログラム”です。毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルな先生たちが登場して、「○○学」と題した、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中です。

2017年7月16日(日)の放送では、「日本の夏祭り学」のハピクロ・アカデミーを開講しました。

先生は、オマツリジャパン代表・加藤優子さん。

家族で行ってみたくなるお祭りや夏だからこそ楽しめるお祭りについて教えていただきました。

(ももいろクローバーZがパーソナリティをつとめるTOKYO FM「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」2017年7月16日放送より)

ーー“インスタ映えするお祭り!

清野:今日は『日本の夏祭り学』! ということでお祭りのスペシャリスト・加藤先生から、まずは、この夏、「家族で行ってみたくなるお祭り」をご紹介いただけましょう!

加藤先生:今回、あまりに有名過ぎるお祭りではなく、ほっこりするようなお祭りを紹介したいと思います。まず紹介するのは「東京・阿佐ヶ谷の七夕祭り」!

しおりん:聞いたことある!

加藤先生:七夕っていうと笹にお願い事を書いて……っていうお祭りは全国にありますけど、阿佐ヶ谷はちょっと変わった七夕祭りなんです。

子供が大好きなキャラクターや、世相を反映したでっかいハリボテが商店街のアーケードにたくさんぶら下がってるんです!

しおりん:すごーい! 楽しいね! これは地域の方々が作っているんですか?



加藤先生:そうです! 歩いているだけで楽しい気分になるようなお祭りです。

しおりん:今年はどんなキャラクターがいるかな〜。みたいな感じで歩くと楽しいですよね!

清野:阿佐ヶ谷の七夕祭り。今年はいつ開催されるんですか?

加藤先生:今年は、8月4日〜8月8日に開催されます。

清野:こういうのは写真もいっぱい撮りたくなりますよね。

かなこ:あ! 最近インスタグラマーになった玉井さん!

しおりん:じゃあ、アップしたいと思います! 確かにインスタ映えしそう!

清野:続いて紹介していただくのは、どんなお祭りでしょう?

加藤先生:続いて紹介するのは「愛媛県の道後温泉 ましましいねたるかも」というお祭りです! 9月9日、道後温泉本館前で開催される盆踊り大会なんです。

かなこ:楽しそう! みんな浴衣着てる!

加藤先生:こちらのお祭りの変わっている点は、全国で盆踊りの音頭を作っている「現代音頭作曲家・山中カメラさん」が渾身の盆踊りを作ってくださっているので、1回参加したら盆踊り感が変わるんじゃないかと言われています。

清野:そんなに変わった盆踊りなんですか?

加藤先生:基本は外さないんですけど、踊りは簡単です。どこか懐かしく、もの悲しく、広がりのあるミュージックで1度聴いたら忘れられません。

かなこ:盆踊りの基本的な手拍子ってあるんですか?

加藤先生:地域によっても違うと思うんですけど。よくあるのはパパン・パンっていうリズムですよね。

かなこ:ももクロの曲にも盆踊りの振り付け入っているもんね。



しおりん:どどんがドン! とかよく言っているよね。

かなこ:あと、「ももいろパンチ」もね。このリズム、結構身近にありますよね。志村さんのイメージもあるけど。

しおりん:変なおじさん♪(笑)

ーー”この夏は、お祭りはしご!”

清野:先ほどは「家族で行ってみたくなるお祭り」をご紹介いただきましたが、続いては?

加藤先生:はい! 夏はお祭りシーズンですから、こういう楽しみ方はいかがでしょうか? 「東北お祭り はしごプラン」です!

かなこ:お祭りをはしご!?



しおりん:贅沢!

加藤先生:そうなんです。夏の東北はお祭りが多くなる時期でして、一緒に回ることも可能なんです。最初は7月29日福島県 「相馬野馬追」という騎馬戦みたいなかっこいいお祭りがあります!

しおりん:馬に乗っているんですか? カッコイイ!!

加藤先生:地元の若者からおじさんまで、みんな乗って旗を奪い合うバトルを繰り広げます。

続いては、7月31日〜青森県「八戸三社大祭」きらびやかで豪華な山車が出るようなお祭りがあります。

そこから……

8月1日〜 弘前ねぷたまつり

8月1日〜 盛岡さんさ踊り 

8月2日〜 青森ねぶた祭り 

8月3日〜 秋田竿燈まつり

8月3日〜 能代七夕「天空の不夜城」

8月4日〜 五所川原立佞武多 

8月4日〜 福島わらじまつり

8月5日〜 山形花笠まつり

8月6日〜 仙台七夕まつり

と続きます!

かなこ:なるほど。このお祭りを一個ずつはしごしていくんですね。

しおりん:やっぱりお祭りって1年でそんなにたくさんいけないからこそ……っていう良さもあるけど、いっぺんに楽しめるっていうのもまた違う楽しみ方で贅沢ですね。

かなこ:家族で一番気軽に行けるお祭りはどれですか?

加藤先生:見るのはどのお祭りも気軽に行けるんですけど、私が好きなのは青森ねぶた祭りですね。衣装さえ着ればどなたでも参加出来るのが良いところかなぁと思います。

しおりん:「ねぷた」と「ねぶた」は何が違うんですか?

加藤先生:これは訛りの違いと言いますか、地域性ですね。

かなこ:そうなんだ!

清野:そしてお祭りといえば、やっぱりかけ声も特徴ですよね。

しおりん:リーダーもお祭りやってましたよね。

かなこ:そう! 学生の時に毎年参加していたんですよ。今でもそのお祭りが始まると色んなところに就職した友達も、必ず地元に帰ってくるんです。

私が聴いたことあるかけ声は、「ヨイショ〜! ヨイショ〜!」っていうかけ声なんです。

加藤先生:カッコイイ!

しおりん:地域によってもかけ声が違うんだね! それを覚えていけばより楽しめるってことですよね?

加藤先生:そうですね!

清野:ちなみに、今の「ヨイショ〜!」はどういう時に言うんですか?

かなこ:お神輿を担いでいる時とか、みんなが盛り上がってきた時に代表の人が「ソーレソレソレ! ヨイショ〜!」って感じで始まるんですよ。

しおりん:指揮をとる人がいるんだね。

かなこ:じゃあ、玉さん着いてきてね。ソーレソレソレ! ヨイショ〜!

しおりん:ヨイショ〜!

かなこ:ヨイショ〜!

しおりん:ヨイショ〜!

かなこ:そうそう!

加藤先生:うまい!!

しおりん:合ってた? でも、難しくはないね。すぐにこういうのなんだって分かれば参加出来るのはいいね。



かなこ:ちなみに、ねぶた祭りのかけ声ってなんですか?

加藤先生:ねぶた祭りも今みたいな掛け合いなんですけど、先導役が「ラッセーラー、ラッセーラー」って言ったら、もう一人が「ラッセ、ラッセ、ラッセーラー」って返します。じゃあ、やってみますか! ラッセーラー、ラッセーラー!

かなこ・しおりん:ラッセ、ラッセ、ラッセーラー!

加藤先生:ラッセーラー、ラッセーラー!

かなこ・しおりん:ラッセ、ラッセ、ラッセーラー!

加藤先生:このような感じですね。

かなこ:楽しい! もうお祭り気分になってきた!



しおりん:法被着たいね!

清野:非日常を楽しめるのもお祭りの醍醐味ですね! ということで、今日は、「日本の夏祭り学」! 講師の先生は、オマツリジャパン代表・加藤優子さんでした!

かなこ・しおりん:先生、今日は本当にありがとうございました!

加藤先生:ありがとうございました!



〈番組概要〉

番組名:「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」

放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット

放送日時:毎週日曜 16:00〜16:55

パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹

番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/clover/



----------------------------------------------------

この記事の放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。

(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ http://www.tfm.co.jp/timefree_pr/)

■番組聴取は【コチラから http://radiko.jp/share/?sid=FMT&t=20170709160000】(無料)

聴取期限 2017年7月16日 AM 4:59 まで

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。

----------------------------------------------------