セビージャのマリアーノ、ガラタサライ加入目前…現地でチームタオル掲げる

写真拡大

 ガラタサライが16日、ブラジル代表DFマリアーノ・フェレイラが現地入りし、詰めの交渉に入ったと発表した。

 発表によると、マリアーノは同日にイスタンブール入りし、空港で多数のサポーターに温かく出迎えられたそうだ。すでにガラタサライのチームタオルを掲げた写真も公式サイトに掲載されており、近日中に正式発表されるものと思われる。

https://twitter.com/GalatasaraySK/status/886332759991627778

 マリアーノは1986年生まれの31歳。ブラジル国内のチームを渡り歩き、2011−12シーズンの途中からボルドーに移籍、ヨーロッパでのキャリアをスタートさせた。加入初年度からコンスタントに出場機会を得ると、15−16シーズンにはセビージャに加入。すぐにレギュラーの座を掴むと、セビージャのヨーロッパリーグ優勝に貢献、自身も優秀選手の1人に選ばれた。セビージャでの2年間で公式戦80試合に出場するなど確固たる地位を築いたが、今夏の来日メンバーには含まれておらず、移籍が噂されていた。