大幅なデザインの刷新に伴い、返信やリツイート、いいね数の増減がリアルタイムに更新されるようになったTwitter公式アプリ。その様子を眺めているのは楽しいが、一方で、今までより通信量がかさむのが気になる人も少なくないのでは?

 現在Twitter上では、そんな問題を解決するツイートが話題になっている。

 手順は簡単。「設定とプライバシー」→「ユーザー補助」→「動きを減らす」とたどり、チェックボックスにチェックを入れると、アプリ内のアニメーションの数を制限できる。

 なお現時点では、iPhoneアプリではこのような設定項目がないという報告も寄せられている。また、リツイートやいいね数のカウントがおかしくなることもあるようだ。

 これに対して、アニメーション表示のデータ使用量の多さに悩んでいたという声や、iPhoneでの実装を待ち望むコメントが上がった。

 アニメーション表示の有無で通信量がどのくらい変わるかは不明だが、毎月のように通信制限がかかる人にとって、無駄な通信はなるべく避けたいところだろう。自分の環境に合わせて、設定を変更し、快適に利用したいところだ。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら