「もう一つ外したほうが似合っているよ」と言いながら、丁寧にボタンを外してくれた龍我クン

写真拡大

 女性たちが夢中になる「ホストクラブ」はさぞ楽しいところに違いない。そこで真実を確かめるべく、男性記者がホストクラブでチヤホヤされてみたいと歌舞伎町の人気店「CLUB AIR 本店」を訪れた。

 接客をしてくれたのは同店No.1の椿クンと、No.2の神咲龍我クン。男でもドキドキしてしまうレベルの美形男子だ。おまけに店内はソファも調度品も高級感たっぷりで照明もムーディ。会話が始まっても「何か目を見て話せない……!」という乙女の心境に。そして椿クンは「メガネがかわいいね」と冗談っぽく褒めてくれて、龍我クンはジョークで和ませてくれる。相手の緊張を察してくれる気遣いや、優しさも持ち合わせているのだ!

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1351631

 また僕が「彼女とマンネリで」と相談をすると、2人は「女のコってのはね……」と具体的かつ役に立つ助言も送ってくれた。

「お客が男性でも、笑顔で帰ってもらうのが僕らの仕事です」(龍我クン)

 男でも惚れそうだし、この接客術や会話術を学びに通いたくなる! ちなみに冷やかし半分での来店はNGだが、本気で楽しみにくる人なら男性客も歓迎だそう。

 そして調子に乗った僕はシャンパンを注文。注文を受けたホストの曲が流れ、ホスト全員が集まってコールをする時間はお姫様気分だ。そのコール中、椿クンが「普段のコールはもっと長いんだよ」と耳元で囁いてきて、またドキッ……。ホストにハマる女性の気持ち、わかりました!

― 男性記者が実体験オンナは大変だった! ―