「好きな夢だけ見られたらいいな〜」と妄想したこと、ありませんか? たとえば、憧れのあの人とデートしたり、嫌な上司をぎゃふんと言わせたり、誰もいないビーチで気が済むまで泳いだり、空を飛んだり……。

 

いい夢を見た次の日は、気分がいいもの。できることなら、思い通りに夢をコントロールしてみたいですよね。いま、そんな夢のような話を約束してくれるデバイスがKickstarterで資金を獲得し、開発されている途中なのです!

 

夢の内容を自分でコントロールできる「iBand」

去年、4000人ほどの予約購入者たちから合計で約8400万円を集めてKickstarterキャンペーンを成功させたプロダクト「iBand」。研究施設で使われるレベルの精度を持った脳波センサーを備えた睡眠中のEEGヘッドバンド。

 

脳波だけでなく睡眠中の身体の動き、心拍数、そして体温もトラッキングしてくれるヘルストラッカーとなっています。

 

しかしこの「iBand」が大きく注目されたのは、「見たい夢が見られるようになるかも」という機能なんです。夢を見ているとされるレム睡眠中に、ヘッドバンドから微かなLEDライトを目の上に点灯させることで夢の中で「自分はいま夢の中にいる」と自覚させてくれます。

 

夢の中にいると自覚しながら体験する夢のことを明晰夢と呼びますが、多くの人が明晰夢において夢の内容をコントロールすることができるそうです。

 

確かに「あ、これ夢だ」と気付いて、色んなことを試した経験、筆者もあります。この状態をデバイスを利用して発生させようとしているんですね。

 

海を泳ぎたい、自然の中を歩きたい、と事前に見たい夢が決まっていればレム睡眠中にカスタマイズした音響を流すことができます。明晰夢で、波の音が耳元から微かに聴こえていたら夢の中でバケーション気分が味わえるかもしれません。

 

リラックスさせてくれる音や音楽を流すことで睡眠の改善、睡眠パターンをモニタリングして改善のためのアドバイスをアプリで提供、そして自然に起きられる最適のタイミングでアラームを鳴らしてくれるなど、よくある睡眠改善デバイスの機能は一通り揃っています。

 

そのため、「私は12歳の時に初めて明晰夢を体験しました。明晰夢はVRなんかよりもずっと良いから、このデバイスが本当に機能するのかすごいワクワクしてます! 試すのが待ちきれないよ!」と明晰夢機能に興奮しているユーザーの声がKickstarterでは溢れているデバイスです。

 

今はIndiegogoでも予約受け付け中。1台1万9000円で海外発送料は別となっています。発送予定は今年の12月です。

 

瞑想のトラッキングができる「Neuroon Open」

脳波センサーを備えた睡眠トラッカーがどんどんと世に出るようになってきましたが、脳波の状態を知ることで改善できるのは睡眠だけではありません。

 

同じくKickstarterで資金調達中の「Neuroon Open」は、睡眠パターンの管理だけでなくメディテーション/瞑想のトラッキングにも使えるようになっています。

 

集中力の改善、ストレス対策など色んな効能でビジネス界でも注目を集めているメディテーションブームです。「Neuroon Open」はメディテーションをしている最中の脳波をグラフで細かに記録してアプリで確認できます。

 

また、脳波の状態に合わせてリアルタイムで瞑想の音声ガイダンスをしてくれるというすばらしい機能もついています。

 

LEDライトによる、明晰夢誘導メニューも備えているとのこと。

 

そして何より、ソフトウェアが完全にオープンソースで開発されているため、ユーザーたちの信頼を勝ち取っているようです。開発中の現在でも、最新版をオープンソースで公開しているという徹底ぶり。もしも技術があれば、自分で同じものを作ることもできるということですね。

 

さらに、IoTとの連携も簡単にできるようにデザインされているようです。睡眠中は低い温度で寝るのが疲労回復にいいとされています。

 

また、睡眠を検知したらスマートホームと連携して室温を下げる、起床時間が近づいてきたら少しずつ明るくするなどの設定も可能だそうです。このデバイスがあれば、スマートホームもひとつ上のレベルにすることができますね。

 

そんな「Neuroon Open」は1台16000円ほどで予約が可能、日本への発送料は3000円ほどとなっています。発送は来年の4月を予定しているとのこと。

 

睡眠パターン、明晰夢、瞑想が日中の集中力、生産性やストレス耐性に関係があるということが分かってきたいま、こういったプロダクトもビジネスパーソンを念頭に開発されているのが興味深いですね。