韓国の代表的なリゾート地である釜山・海雲台(上)と仁川空港(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部と韓国観光公社が16日発表した年次有給休暇に関する調査結果によると、平均日数は15.1日で、取得率は52.3%(7.9日)にとどまっていることが分かった。全労働者が有休を全て取得した場合、2015年の観光収入17兆ウォン(約1兆7000億円)に匹敵する16兆8000億ウォンの消費創出と、29兆3000億ウォンの生産誘発効果が見込まれると推計された。

 調査は在職期間1年以上の満20〜59歳の1000人と企業の人事担当者を対象に実施した。
 経済協力開発機構(OECD)に加盟する主要国の有給休暇は平均20.6日で、取得率は70%を超え、ともに韓国が大きく下回った。
 調査では取得日数が5日以下と回答した人が33.5%で最も高く、全く取得しない人も11.3%に上った。有休を全て取得できない理由(複数回答)としては、「職場内の雰囲気」が44.8%で最多だった。そのほか「業務過多・代替人員の不足」「未取得分の補償金を得るため」などの回答が多かった。
 有休取得の目的は「国内旅行」「休息・その他の活動」「海外旅行」の順で多かった。
 文化体育観光部の関係者は「積極的な休暇の使用は低迷する内需景気の活性化にも役立つ」として、取得率向上に向けた社会の雰囲気づくりや国内旅行の活性化を目指し多様な政策を打ち出す方針を示した。
ikasumi@yna.co.kr