1987年に渋谷・西武百貨店(当時)の一事業部としてオープンした時からかぞえて創業30年目を迎えるロフトが、次世代へ向けたフラグシップストアとして銀座ロフトを6月23日に銀座2丁目並木通りにオープンしました。プライベースブランドコスメの「LOFCOS(ロフコス)」デビューや、TEAM LOFTメンバーによるアイテムリコメンドなど、銀座オンリーの企画をいち早くレポート。

 

和久井香菜子select大人の銀座ロフト案内

3階にある旬の情報を「モノ」×「コト」で発信する「ロフトマーケット」。梅雨時のオープンということもありレイングッズのコーナーでは、プラントハンター・西畠清順さんと、インドネシアのビジュアルデザインスタジオ「Sembilan Matahari」のコラボによる展示が。プロジェクションマッピングで「原始森林の雨」を降らせるという、うっとうしい梅雨を吹き飛ばす楽しい演出

 

こんにちは、ライターの和久井香菜子です。

 

友達の結婚祝い、誕生日、ちょっとした手土産に自分へのご褒美……。なにか特別なものを買うときは、迷わずロフトへ行きます。品揃えがいいことはもちろんですが、ちょっとこだわりの逸品ばかりが並んでいるんですよね。無添加やオーガニックのコスメも充実していて、行くとついつい目移りして散財してしまいます。ロフトは「カワイイ! かっこいい! 欲しい!」が揃ったワンダーランドです。

 

子どもの頃は、文房具が好きでした。中学生になってお小遣いが増えると、毎週のように文房具を買っていた気がします。小さくてキラキラした小物たちは、たまらなく魅力的でした。高校生になるとその興味はコスメに移り、カワイイ容器に入ったリップやクリームなどを買いあさったものです。

 

ロフトの品揃えって、実用とデザイン、かわいらしさを兼ね揃えた逸品ばかりなので、そんなワクワク感を思い出させてくれるんですよね。

 

そんなロフトが、大人の街、銀座に進出しました。銀座ロフトは、銀座二丁目並木通りにある銀座ベルビア館の3階〜6階にあります。それでは独断と偏見を交えつつ注目のアイテムと各階の見どころをご紹介します!

 

3階 BODY & BEAUTY

「ハイクオリティをお手頃価格で」をコンセプトにしたロフトオリジナルコスメ「LOFCOS」

 

モデルの田中里奈さんもTEAM LOFTメンバーとしてオープニングに登場

 

田中里奈さんがプロデュースした銀座ロフトオリジナルコスメギフトBOX

 

さまざまなアイテムのプロデュースも手がけているモデルの田中里奈さんがデザインしたコスメギフトBOX。こういうおしゃれなお包みで友達や恋人へ、コスメをプレゼントするのもステキですね。

BODY & BEAUTYの3階フロアには無添加コスメが充実。最新のコスメが試せるテスター専用カウンターもある

 

プレゼントとして個人的にお勧めなのは、無添加コスメ。なぜって、使われている素材がシンプルなものは、髪にも肌にも使えちゃうからです。こちらのアイテムも、ジャンルはヘアワックスだけど、リップやハンドなど全身に使えます。旅行の時は、なるべく荷物を減らしたいもの。これひとつで万能なのは嬉しい限りです。

“1秒に1本売れている”のキャッチコピーでおなじみのバーツビーズのリップバームやクリームも充実

 

ロフトはオーガニックや無添加系のアイテムが豊富なのも嬉しいですね。日本を撤退してしまったバーツビーズも置いてあります! あのパッケージの毛むくじゃらのおっさんにまた会えるなんて!

 

4階 HOME SOLUTION

「Salmon & Trout」のオーナーシェフ・森枝 幹さんもオープンイベントに登場

 

料理人としてさまざまな活動をしている森枝 幹氏プロデュースのジーニアスキッチン。ここでは彼オススメのキッチン雑貨を提案していくそうです。この日試食で出ていたのは、キウイとパクチーという異色の組み合わせ。

イベントで振舞われたキウイとパクチーを組み合わせた料理。まさに天才シェフ・森枝ワールド

 

森枝さんオススメの調理家電やキッチン雑貨コーナー。ユニークな使い方のアイデアも提案

 

テーブルにも置けるサイズの水耕栽培キット

 

たわしがこれだけ豊富に取り扱われているのも銀座ロフトの隠れた魅力

 

最近、キウイは皮のほうが栄養価が高いということで、皮ごと食べる人も多いのだとか。……でもあのもじゃもじゃした毛は気にならないのかしら……? というわけで、毛が気になる人はたわしでこすっちゃえばいいんじゃない? てことで、ロフトにはさまざまなたわしがありましたよ! たわしをお料理に使うと気分が上がります。新じゃがの皮をこすってふかしたり、ごぼうの泥を落としたり……。今時、たわしをこんなに揃えているお店ってそうそうないのでは(しかも銀座で!)?

店内の雑貨巡りにつかれたら『猿田彦珈琲POP UP SHOP』(4階、7/13までの期間限定)へ。

 

5階 WORK & STUDY

300種類、約5,000本の鉛筆が並ぶ『ペンシルバー』は圧巻。世界各地の鉛筆20ブランドが揃う

 

子どもの頃のワクワクを一番思い出す階です。ズラリと並んだ鉛筆、素朴なノート。思わずパソコンをしまって、ノートで仕事したくなります。

こんな豆原稿用紙まで!

 

世界的に評価の高いコンセプトショップ「インクウェル」による封筒など紙ものの展示も

 

昔なつかしい古文具の世界

 

銀座ロフトは、ビンテージものにも力を入れているようで、レターセットや昭和の文房具まで置いてあります。これは懐かしさに胸打ち震えてしまった!

 

6階

楽しそうなカードゲームも展開

 

注目は、小さいけれどボードゲームのコーナーがあること。ラインナップはとてもベーシックなものという印象です。中でも特筆すべきは「Quoridor」。話題になったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の星野 源さん演じる「平匡さん」の部屋に置いてありました。「Quarto」は、人気漫画『姉の結婚』で「面白い」と紹介されています(作品ではタイトルを少し変えてありますが)。部屋に置いておくだけでもインテリアになるおしゃれデザイン、頭脳派のルール、意識高い人たちにぴったりです。一方で「なんじゃもんじゃ」は、カードをめくって出てきたお化けに名前を付けて叫び合うだけの、盛り上がること必至のおバカゲーです。

フランスのギガミック社のボードゲーム「Quoridor(コリドール)」

 

ふだん、ウィンドウショッピングってあまり興味がないのですが、銀座ロフトは別ですね。友達同士でも、カップルでも、もちろん1人でも、買っても、買わなくても楽しめるエンターテイメントショップって感じでした!

 

■何気ない日常を、大切な毎日に変えるウェブメディア「@Living(アットリビング)」

http://at-living.press