『ゲーム・オブ・スローンズ』

写真拡大

世界中で大ヒットしている米HBOのファンタジー大河『ゲーム・オブ・スローンズ』。同シリーズのシーズン2からヤーラ・グレイジョイ役を演じているジェマ・ウィーランだが、実は同役を獲得した際にあるトラブルを起こし、ヤーラ役を降ろされそうになったことがあったそうだ。米Glamourが伝えている。

ジェマが英UK Timesに語った話によると、彼女はヤーラ役を掴んだ時、すぐに自身のサイト上のプロフィールに書き加えてしまい、そのことが瞬く間にネットのニュースで広がってしまったという。「私が学んだ最初の教訓は、初めて仕事を得た時だったわ。そういうことは秘密にしておかなければいけないことだと、誰も教えてくれなかった。私は当たり前に告知するものだと思っていたの。だから自分のプロフィールに、"今夏、私は『ゲーム・オブ・スローンズ』でヤーラ・グレイジョイ役を演じます"って書いたのよ。そうしたら、ネットの世界はてんやわんやの大騒ぎ。ドラマのプロデューサーの一人に事務所に呼ばれて、"これは深刻な問題だ。このことによって君を雇うことはほぼできないだろう"と言われたの」

だが、ジェマは奇跡的にヤーラを演じることができ、ファンのお気に入りのキャラクターの一人にとなって、登場人物の多くが死んでいく中で現在も生き残っている。

以前、アリア・スターク役のメイジー・ウィリアムズもネタばれの影響力について、「私たちは飲みに出かけるとドラマについて話すことをやめるの。私たちの会話を誰が聞いているか分からないから、本当に気をつけなければいけないのよ」と、日常的に注意していることを明かしていた。

『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』(全7話)は、スターチャンネルにて7月17日(祝・月)より日本最速<日米完全同時放送>。また、「スターチャンネル オンデマンド」で日本最速配信となる。「スターチャンネル オンデマンド」では、新シーズンに先駆けて、これまでの全6章(60話)を配信中だ。(海外ドラマNAVI)