夏といえば、男子も女子もワクワクする恋の季節。今年の夏はどんな人と楽しもうかなぁ、とウキウキしている女子も多いはず。夏を思い切り楽しむためにひと夏の恋もいいですよね……。ということで今回は、ひと夏の恋を楽しむための4つのヒントをご紹介します。

1: 自分のすべてをさらけ出さない

「夏だけの彼氏と思って割り切って付き合っていたのに、SNSで検索されて連絡がしつこかった。本名を教えなきゃよかったって後悔してます」(26歳・女性・事務)

▽ ひと夏の恋は長く続けるものではないので、自分のことをべらべらと話しすぎるのはNG! 別れるときに彼がストーカー化してしまうなどリスクもあるので注意が必要です! すべてをさらけ出すよりも、ちょっとミステリアスな女子のほうが魅力的に見えるかもしれませんよ。

2: ヤキモチをやかない

「去年の夏に海で出会った彼は、とにかくモテました。モテるのはいいことだけれども、他の女の子とどこで何をしているのか気になって仕事も手につかなくなるし、イライラしちゃって、私らしくなかった」(27歳・女性・アパレル)

▽ ひと夏の出会いを求める男子はとにかくモテます。モテる彼に寄ってくる女子はたくさんいるのでヤキモチをやいてソワソワしてしまうかもしれません。モテる彼と付き合う場合は他にも女の子がいるものだと理解して、それを許してあげられる器の大きい女子を目指して、彼と付き合うことが大事です。彼と会わない時間に彼のことを考えないように、趣味など打ち込めるものを作ることがオススメ!

3: 約束をしない

「次にいつ会えるかとか次はどこに行こうとか、次のデートの約束をしてくれなかった彼にストレスを感じてしまった」(24歳・女性・医療)

▽ 彼との次のデートの約束をすると、その日に他の予定を入れられなかったり、どこへ行こうか悩んだり時間をとられてしまいます。真剣なお付き合いの場合はデートプランを考えるのも楽しいですが、ひと夏の恋ではお互いの会いたいタイミングがあったときにサクッとデートする、フランクなものがいいですよね。約束をしてしまうせいで苦しい思いをするのではなく、会いたいときに行きたい場所に行くデートもいいかもしれませんね。

4: 友達に紹介しない

「すっごいイケメンの彼を友達に紹介したら、なんと友達と彼が浮気していてビックリ! 夏の恋はこっそりしたほうがいいかも?」(21歳・女性・大学生)

▽ ひと夏の恋を楽しみたい男子はとにかくチャラいので、紹介した友達と浮気されてしまうかもしれません。浮気されない場合でも、長く付き合うつもりがないと友達に紹介してもすぐ別れてしまうので、紹介された友達にも心配されてしまう可能性も!? ひと夏の恋を楽しむ彼を友達に紹介するのは、どちらにせよNGです!

ひと夏の短い恋には、普段の恋愛と違う楽しみ方がたくさんあります。いろいろな恋愛を経験して、ステキ女子を目指してみてはいかがでしょうか?