日差しがまぶしい!そんな時はメガネをサングラスに変身させよう

写真拡大

日差しの強いこの季節、サングラスはファッションアイテムとしてだけでなく、紫外線から目を保護するためのマストアイテム。しかし、普段、度付きのメガネをかけている人は、度付きのサングラスを作るとなると少々ハードルが高く、2本を持ち歩いて、シーンによって付け替えなければならないのも面倒です。

そこで注目を集めているのがJINSの「Front Switch(フロントスイッチ)」。1本のメガネが一瞬でサングラスに変身する、新発想のメガネです。

▲ボストン URF-17S-343

2015年のリリース以来、人気を博している「Front Switch」。2017年4月に発売した新作はわずか2カ月で2万本を越える大ヒットとなっています。

これはメガネ本体と、同型のサングラスプレート(フレームのフロント部分のみ)をマグネットで一瞬にして着脱できるという仕組み。従来の、クリップ式で一体化するメガネのような取り付け部分もなく、デザインもスマートで、耐久性にも優れているのが特長です。

▲ウエリントン1 URF-17S-340

日差しの強い屋外ではサッとプレートをワンタッチで取り付けて、屋内ではサッと外す。外したプレートは専用ケースに入れて胸ポケットなどにしまっておけます。

▲ウエリントン2 URN-17S-341

バリエーションの拡張やデザインの変更を行ってきた「Front Switch」ですが、2017年第1弾の好評を受け、追加発売が決定。第2弾としてリリースしたのが、要望の多かった「ワンシートタイプ」。これは海外で注目されている、レンズの継ぎ目がなく1枚で構成されたトレンド感のあるモデルで、「ウエリントン1」「ウエリントン2」「ツーブリッジ」「ボストン」の4型8種がラインナップされました。

▲ツーブリッジ URF-17S-342

もちろん、ワンタッチの機能はそのまま。ファッション性が高く、夏フェスやレジャーなどにぴったりなニューモデルは、メガネとプレートのセット販売で、1万2960円です。

「Front Switch」はこの新作以外にも、メガネ本体4型8種、プレート4型16種(カラーレンズ、ミラーレンズ、偏光レンズ)をラインナップ。メガネ本体は度付きレンズ代込で8640円、プレートは3240円〜5400円で、好みのメガネ本体とプレートを組み合わせ、自分好みの一本を作れます。全国のJINS店舗、JINSオンラインショップで発売中です。

>> JINSオンラインショップ「Front Switch」

 

(文/&GP編集部)