391人の子どもが参加した大盛況の北陸・信越大会。

写真拡大

将棋に熱中する親子が増えている。最年少プロ棋士・藤井聡太四段が9歳のときに優勝した「こども大会」では、出場申し込みが去年の約1.5倍になったという。将棋に打ち込むと、思考力がつくだけでなく、藤井四段のような落ち着きも身につくらしい。それは本当なのか。6月24日、金沢市で開かれた大会をのぞいてきた――。

■北陸・信越大会には過去最多の小学生が集結

62年ぶりにプロ棋士の最年少記録を塗り替え、デビュー後の快進撃で日本中を熱狂させた藤井聡太四段。連勝が29で途絶えたとはいえ藤井四段の衝撃と、かつて神武以来の天才と呼ばれた加藤一二三九段の引退と相まって、メディアの将棋への関心はしばらく続きそうだ。

将棋熱はメディアばかりではない。藤井四段の14歳とは思えない、落ちついた立ち居振る舞いや優しく謙虚な発言は、小さな子を持つ親たちに「うちの子も、あんな風に育ってほしい」という思いを強くさせたようだ。そして将棋は「先を読むロジカルな思考の訓練になりそう」「集中力が増しそう」「マナーがよくなりそう」と期待してしまうのが親心。

子どもの間でも「テレビゲームをしていると怒られるけれど、将棋は怒られない」。しかも、強くなれば藤井四段のように「大人をぎゃふんといわすことができる」と将棋がブームになっている。

実際、今年で17回目を迎える「将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会」の参加申込数は去年の約1.5倍と大幅増。大会は6月24日の北陸・信越大会から11月19日の東京大会まで全国11カ所で開催されるが、主催者側は「今までの会場で対応できるか」と心配しているそうだ。

実はこの大会、藤井四段も2008年、6歳のときに東海こども大会低学年部門でベスト16、8歳で準優勝、9歳で優勝している。いわば棋士の登竜門でもある。とはいえこの大会は「将棋でココロを育てる」という趣旨のもと、出場資格は小学生以下であれば、棋力に関係なく誰でも気軽に参加できる。

大会のルールを簡単に説明すると低学年部門(小学3年生以下)・高学年部門(小学4年〜6年生)の2部門に分かれ、まず3局対戦し、3勝した人がトーナメントに進み、そこで勝ち上がった2人が決勝を戦うというもの。決勝戦は持ち時間無し、初手より一手30秒未満の早指し将棋である。

6月24日、全国に先駆け金沢市で北陸・信越大会が開かれたので会場をのぞいてみた。この日の参加者数は低学年部門179人、高学年部門212人と盛況である。

「膝の上に手をおいてください。はい、姿勢をよくして。では第1局をはじめます!」という司会の開始宣言とともに「お願いします!」と元気よく挨拶をする子どもたち。真剣な顔で盤を眺めながら指す姿がほほ笑ましい。パチパチと駒の音がリズムよく響く。とくに低学年部門は指すのが早い。しかも駒を持つ指も実に様になっている。

■強いわが子に勝てない父親の寂しさ

手数のかかる穴熊戦法の陣形をコツコツ組み立てる少女。将棋の純文学ともいわれる櫓(やぐら)戦法で戦う少年。複雑なゲームを、こんな小さい子がと感心するが、初心者同士なのか緊張しているのか、空き王手になったことを互いに気づかずに指し進むような対局もあって、ちょっとホッとする。

子どもたちの対局を邪魔しないよう、床には対局者以外立ち入り禁止のテープが貼られ、その外側からわが子の対局姿を撮影する保護者たち。アドバイスはもちろん、声援もできないが、真剣な顔もあれば、微笑みながらと保護者の表情もさまざまだ。

「負けました」「参りました」と敗者が頭を下げ、勝者も礼を返し対戦が終わる。「3連敗だ〜〜」とひょうきんに振る舞う子もいれば、保護者のもとへ駆け寄って泣きじゃくっている子も。勝ってガッツポーズをする子もいるかなと思ったが見当たらない。

トーナメントに進めなかった子も楽しめるように、会場には「誰とでも何回でもさせる」自由対局コーナー、指導対局コーナー、詰め将棋クイズなども用意されている。また、プロ棋士のすごさを目の当たりにできる「目隠し詰め将棋」など、1日将棋を楽しめるプログラムで盛りだくさんな大会。

トーナメントを勝ち上がり決勝まで進むと、対局する2人は羽織袴を着て舞台上にあがる。しかも一手指すごとに女流棋士が棋譜を読み上げ、舞台横ではプロ棋士による大盤解説がはいる。まるで、プロ棋士になったような気分が味わえるのだ。

北陸・信越大会の低学年部門の決勝を戦ったのは橋本千時(ちゆき)くん(富山市立大広田小学校3年)と日下克紀くん(富山市立柳町小学校2年)。高学年部門の決勝は高橋憲太朗くん(津幡町立中条小学校6年)と佐藤漣くん(金沢市立三馬小学校5年)。

対局を見守る保護者に「お子さんが将棋を始めたきっかけは?」と尋ねると、「子どもや孫と遊ぶために父親(祖父)が教えた」という答えがほとんど。ところが子どもが将棋に興味を持って将棋教室に通いだすと、あっという間に歯が立たなくなってしまったのだとか。「負けると権威がなくなる気がするので、今では対局は避けています」と、強いわが子を誇りに思いつつもどこか寂しそう。

「将棋を覚えて変わったところは?」と聞くと、「集中力の無い子だと思っていたら、将棋となると夢中になる。好きなことが見つかってよかった」「将棋を指す時間をつくるために、宿題を先に終わらせるなど規則正しい生活になった」「強くなろうという意欲がすごい。こんなに負けず嫌いだったとはと驚いた」とみなさん歓迎ムード。

こども大会が終わると、JTプロ公式戦のトーナメントがはじまる。これは前年度の優勝者、竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖の各タイトルホルダー、そして前年度賞金獲得ランキング上位者を合わせた、棋士のトップ12人だけが出場を許される公式棋戦。スター棋士の真剣でスリリングな戦いが目の前で見られる公開対局というのも、この大会の大きな楽しみだ。

■仮説を組み立てる思考力、想像力が育つ

金沢での対局を控える丸山忠久九段に、こどもの教育と将棋について話を聞いた。ご存じのように丸山九段は、藤井四段が公式戦29連勝を達成するまで、24連勝という平成の公式戦連勝記録の記録保持者でもある。

――将棋を覚えることで藤井四段のような礼儀は身につくでしょうか?

藤井さんがあの若さで礼儀がしっかりしていることから、将棋を学ぶと自分を律することが学べると思われる方もいらっしゃいますが、将棋というよりも多分に彼の性格でしょうね。棋士にも豪快な人間もいれば、いろいろなタイプがいますから。

勝っても棋士がガッツポーズをあまりしないのは、ガッツポーズをしてはいけないというルールがあるわけではありません。対局中は頭をフル回転させた理詰めの世界。勝つのは喜びですが、理詰めで考えた結論がこうなったという客観的というか理性の方が勝っている状態で、勝ったという喜びの感情は対局後すぐには湧いてこないのです。

――AI将棋も強くなりましたし、ネットでいつでも対局できるようになりました。こういった環境は将棋の上達にどのような影響を与えているのでしょうか。

いつでも強い相手と対戦できる環境になりました。将棋はどうしてもミスをしてしまうゲームです。対局を数多く積む経験は重要で、パターン認識というか、経験値のようなものが上がれば、ミスをしにくくなるかもしれません。

――将棋で培ったことは、勉強や、将来ほかのことにも役立つでしょうか?

勉強もある程度パターン認識的な部分と、思考的、想像力を使って解かなくてはいけない部分がありますよね。学校での勉強は、どちらかというとパターン認識のほうに重きがあると思います。将棋は自分で仮説を組み立てていく思考力、想像力が必要なので、それは補強できるかもしれません。

――ひらめきですね。

本当にひらめいたと思うときはあります。でも、相手が強いと、あ、ひらめいた、でも検討してみたらダメだった、の繰り返しです。想像力を駆使して仮説を立て、使えるかどうか検討して決断する、の繰り返しです。

棋譜の研究で、難しい一つの局面をひと月ほど考えることもあります。いくら考えてもわからない。でも、あるとき、別のことをしていてふとひらめくことがあるんです。

――考え続ける持久力ですね。大人にもひらめきは欲しいもの。頭がさえた状態にするために、コンディショニングで心がけていることはありますか?

睡眠は十分に取ります。対局前ですと必ず7時間以上は寝るようにしています。食事は食欲がなくなる人もいますが、私はお腹が空いてしょうがないので対局中でもよく食べます。

対局が終わると体を動かしているわけでもないのに、ヘトヘトになります。とても体を動かす気分ではないのですが、無理してでも動かしたほうが不思議と疲れは取れるので、対局後はジムでウエートトレーニングをすることが多いですね。

(フリー編集者 遠藤 成 取材・撮影=遠藤成)