日本の飛ばし屋は海外の舞台でも存在感を示している(撮影:村上航)

写真拡大

<全米女子オープン 3日目◇15日◇トランプナショナルGC(6,732ヤード・パー72)>
米国女子メジャー「全米女子オープン」の第3ラウンドが行われ、葭葉ルミはノーバーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“76”とスコアを1つ落とし、トータル4オーバー51位タイに後退した。
【関連写真】初優勝の瞬間からドレス姿まで!葭葉ルミフォトギャラリー
「飲まれちゃった感じですね。ぴりぴりしてた」と7番ボギーの後、8番でダブルボギー。流れを止められず9番でもボギーを叩いた。「後半はそれでも頑張りました。3ホールだけだったんで。ほかのホールは結構うまくできていたと思います」とバックナインは全てパーを並べた。
そんな葭葉は現在ドライビングディスタンス1位(255.63ヤード)。自身は昨日知ったと言い「昨日までは知らなくて。かなり驚いてます。全然振ってなかったんですけど、今日はさすがに意識して振りました。でも意識しない方が良かったかも(笑)」。日本の大砲はアメリカでもしっかりと通用している。
続けて、「コースも全然長いって感じてなくて。日本ツアーだと、ほとんどウエッジとかショートアイアンなんで、ボールがすごい傷つくので、すぐボールを変えるのですが、今回はそんなにボールチェンジがないですね。減らない、ボールが。と言うことは、その分長いクラブで打っているんですけど。でも、そんなに長いなとは感じない。大事ですね、飛距離は。余裕ができます」と笑った。
最終日に向けては「明日はもっと振っていきます。目標は何だろう…そうですね、今日の分もバーディを獲って、気持ちはレコード出すくらいの気持ちで臨みたいと思います」と意気込みを語った。
【ドライビングディスタンスランキング(3日目まで)】
1位:葭葉ルミ(255.63ヤード)
2位:パク・ソンヒョン(254.62ヤード)
3位:ジェシカ・コルダ(252.93ヤード)
4位:イ・ミリム(252.25ヤード)
5位:カルロタ・シガンダ(249.88ヤード)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

日本ツアーは最終日!優勝争いから水着オーディションまで余すとこなくお届け
ドライビングディスタンス女王の面目躍如 葭葉ルミが300ヤードドライブを連発!
「振っていかなきゃダメ」ドラディス1位の葭葉ルミが“本塁打王”から刺激
話題をさらうミシェル・ウィーのセクシーウェア 同じナイキの葭葉ルミは着る?着ない?
葭葉ルミが教えるスイング術!アドレスでボールを上から見ることでドライバーの飛距離アップ