明石家さんま

写真拡大

15日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、明石家さんまが、SMAPの偉大さに言及した。

番組では、さんまがアイドル論を語り、グループ結成時のメンバー配置に関して、ジャニーズ事務所が優れていることを力説した。さんまが「あのバランス力は(社長の)ジャニーさん、(副社長の)メリーさん、もうスゴい」「組み合わせの天才」などと称賛する。

村上ショージも同意し、グループ内で「新人で年配の人、出てきた」「こういうグループの人、いてたんや」といったことがあると指摘した。すると、さんまは「ああ、長いことやってる人ね。それはもう、いてる。考えたら、城島(茂)や…城島くん、(今や)40いくつやからね」と返す。

さらに、さんまは「木村(拓哉)、中居(正広)も45〜46歳やから」と、今年45歳になる元SMAPふたりの年齢に触れ、「解散していい年代は年代やったけれども。あそこまで踏ん張ったっていう、スゴさはある」と活躍を称えていた。

【関連記事】
明石家さんま 松居一代と船越英一郎の離婚騒動に疑問「なんで普通に離婚できない?」
明石家さんま 吉本興業から独立した場合を推測「個人事務所やったら絶望」
中居正広が光GENJIに選ばれなかった分岐点 ローラースケートの練習に…