15日、央視網は記事「在日本中国大使館、在日中国人に自己防衛を呼び掛け」を掲載した。在日本中国大使館は公式サイトを通じ、近年、在日中国人を対象とした窃盗、強盗事件などが数件起きているとして自己防衛の意識を高めるよう呼び掛けた。写真は日本の警察。

写真拡大

2017年7月15日、央視網は記事「在日本中国大使館、在日中国人に自己防衛を呼び掛け」を掲載した。

13日、神奈川県秦野市内の山林で遺体が入ったスーツケースが発見された。遺体は中国人姉妹の陳宝蘭さん、陳宝珍さんのものと判明。警察は防犯カメラの映像から姉妹の自宅に出入りしていた男性が関与していた疑いがあるとして捜査を進めている。

在日本中国大使館は公式サイトを通じ、近年、在日中国人を対象とした窃盗、暴力、殺人、強盗事件が数件起きているとして自己防衛の意識を高めるように呼び掛けた。具体的には、治安の良い場所に住み、自宅には大量の現金を置かないようにすること、しっかりと施錠すること、人けのない場所に行かないようにすること、強盗に気をつけること、知らない人の車に乗らないことなどに注意するよう呼び掛けている。(翻訳・編集/増田聡太郎)