Photo by cinemacafe.net

写真拡大

『アベンジャーズ』シリーズの第3弾となる最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のプレゼンテーションが7月15日(現地時間)、LAアナハイムで開催中のディズニーファンイベント「D23」にて行われた。
アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクらマーベル・スタジオ作品の主人公たちが集結する『アベンジャーズ』シリーズ。その最新作では、最強の敵であるサノスの出現によって、スター・ロード率いる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバーをはじめ、新ヒーローのブラックパンサー、スパイダーマン、ドクター・ストレンジが参戦を果たすだけに、ファンの期待が膨れまくっている状態だ。そんな熱気に応えるべく、ステージには以下の超豪華メンバーがずらり勢ぞろいした。

ロバート・ダウニー・Jr(アイアンマン役)
クリス・ヘムズワース(ソー役)
マーク・ラファロ(ハルク役)
アンソニー・マッキー(ファルコン役)
エリザベス・オルセン(スカーレット・ウィッチ役)
ポール・ベタニー(ヴィジョン役)
ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ役)
トム・ホランド(スパイダーマン役)
チャドウィック・ボーズマン(ブラックパンサー役)
ジョシュ・ブローリン(サノス役)
ドン・チードル(ウォーマシン役)
セバスチャン・スタン(ウィンター・ソルジャー役)
デイヴ・バウティスタ(ドラックス役)
カレン・ギラン(ネビュラ役)
ポム・クレメンティエフ(マンティス役)

にわかには信じられない、まさに“アベンジャーズ”な強力キャストのそろい踏みに、会場は割れんばかりの歓声に包まれたが、それだけではない。この日、限定公開されたフッテージの内容が“お祭り状態”ともいうべき、テンコ盛りで、ファンの度肝を抜いたのだ。特に宇宙船に乗った『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバーが、宇宙空間を浮遊するソーとの驚きの遭遇を果たすシーンは、作品世界のさらなる拡張を物語り、鼓動は高まるばかりだった。

また、ピーター・パーカーがスパイダーセンスを発揮したり、愛すべき悪役ロキが不敵な笑みを浮かべたり、ブラックウィドウの髪の色がブロンドだったりと興味をそそられるシーンの連続。もちろん、ドクター・ストレンジとスター・ロードの共闘する姿など『アベンジャーズ』でしか実現しないシーンもあり、ファンは思わず息をのみ、歓声をあげる暇もないほどだった。

製作はこれまで数々のマーベル作品を大ヒットに導いてきたケヴィン・ファイギ。監督は、アベンジャーズの決裂を描いた『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を大成功させたアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟という最強の布陣だ。また、本作は単独製作した『アイアンマン』に始まるマーベル・スタジオの10周年を記念しており、社名に“10”を入れ込んだ新ロゴ「MARVEL STUD10」も披露された。

「サノスが相手だから、みんな束になってかからなきゃ。僕らにとっては、まだ最初の10年だ。ファンの皆さんも同じ気持ちだよね? ずっと続けていくことを願うよ」(ファイギ)。

「D23 Expo」は7月14日〜16日(現地時間)にアナハイムにて開催中。

『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日(金)より全国にて公開。

協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(text:Ryo Uchida)

■関連記事:
スパイダーマンら最多ヒーロー結集!『アベンジャーズ』最新作2018年GW公開へ
【D23】実写版『ライオン・キング』名シーンの完全再現に、驚きと感動の声!
【D23】新キャラも登場!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』初出し映像公開にファン熱狂
【D23】マーク・ハミル、亡くなったキャリー・フィッシャーさんとともに「ディズニー・レジェンド」に!
“ガーディアンズ”も参戦!『アベンジャーズ』第3弾から早くも特別映像