最上もが【撮影:竹内みちまろ】

写真拡大 (全3枚)

 でんぱ組.incの最上もがが13日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で同グループへの加入したいきさつを語った。

 でんぱ組.incは前身ユニットとなる「でんぱ組」が2008年12月に結成。当初は古川未鈴、小和田あかり(2010年7月に卒業)の2人だけだった。2009年6月に相沢梨紗と夢眠ねむが加入し、それに合わせて現在の名前に改名。その後、メジャーデビューを果たし、成瀬瑛美と跡部みぅが加入。最上は跡部の卒業に合わせて藤咲彩音と加入した。

 当時は短大を卒業し登録制のアルバイトをしていたという最上。そんなある日、働きに行った現場が偶然にもでんぱ組.incメジャーデビューのコンベンションだったらしく、プロデューサーの女性から「おたく?」「でんぱ組.incっておたくの女の子のグループだから、一緒にやろうよ!」と誘われたのがきっかけだったという。最上は当時を思い返し「アイドルグループってそんな気軽にスカウトされるものなんでしょうか?」「人の縁って、不思議なものですね!」と語った。