YAS-107(左)とサブウーファーが別筐体のYAS-207(右)。

写真拡大

 ヤマハはバータイプのTVスピーカーシステム、YAS-107(市場価格2万8,000円前後、税込み)とYAS-207(同4万3,000円前後)を、7月下旬に発売する。AVアンプで進んでいる3次元サラウンドだが、フロントスピーカーだけでこの方式の再現を狙うDTS Virtual:X、次世代高画質の4K/60pとHD伝送などに対応している。

 バーチャル3Dサラウンドは、従来の前方、左右、後方に加えて高さ(上下)方向まで音の移動表現をバーチャルで再現可能にする技術。従来、どうしてもTVの下から聞こえてきた映画のセリフもきちんと画面の中央に位置するようになるほか、包まれるようなサラウンド効果も、よりリアルになるという。

 Bluetoothに対応しているのでスマホの音楽をワイヤレスで楽しむのにも活用できるほか、スマホから簡単操作ができる専用アプリ(iOS/Android)も用意している。YAS-107と207の違いはフロントスピーカーの数とサイズなど。YAS-107はスピーカー4基とサブウーファー2基のワンボディーで消費電力27W、サイズが幅890×高さ53×奥行131mmで重さ3.4kg、YAS-207はセンターとサブウーファーの2ボディでスピーカー6基とサブウーファー2基を搭載。消費電力はセンター部30Wとサブウーファー部19W、サイズ・重さは幅930×高さ60×奥行108mm・2.7kg(センター部)、幅180×高さ437×奥行401mm・7.9kg(サブウーファー部)となる。