菅田将暉、「ゲラゲラ嬉しそうだった」小栗旬の歌録りの様子を暴露

写真拡大

7月14日(金)、都内で映画『銀魂』の公開初日舞台挨拶が行われ、小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、吉沢亮、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、福田雄一監督、エリザベスが登壇した。

しょっぱなから、横に並んだムロと佐藤が話し始めると、福田監督から「その2人をくっつけちゃダメだよ〜」との声が。小栗も、「2人がうるさくて、僕が静かにしていると、”小栗旬元気がない、疲れてる”って(ネットニュースに)書かれるから!疲れてねぇわ、元気だわ!!」と会場を盛り上げた。

そんな小栗は、劇中で反町隆史の名曲『POISON』のパロディとした『PASSION』という曲で歌声を披露していることについて、「まさか『PASSION』を歌わせていただけるとは思わなかったです」とコメントしつつも、観客に「いかがでしたか?」と問いかける。すると、大きな拍手が送られ、満足げな様子だった。さらに、小栗の歌のアフレコ現場に遭遇したという菅田は、「見たことのないくらいゲラゲラ嬉しそうで。いいものが録れたんだなと思ったら、『PASSION』だった(笑)」と小栗の様子を振り返る。小栗は、少し照れながらも「楽しかったです」と本音を漏らしていた。

イベント後半では、福田監督がエリザベスをいじる一幕も。福田監督が「暑いの?」とエリザベスに問いかけると、着ぐるみの中から「暑い…断ればよかった…」との声が聞こえ、キャストや観客からはどよめきが。エリザベスは、”中の人”について「中の人なんていない、いない。」と否定するものの、福田監督が「山田くんは…」とポロリ。ムロも「聞き慣れた声だなぁ」と言うように、着ぐるみの中には、本作でエリザベスの声優を務めた山田孝之がサプライズゲストとして登壇していた。

「自分から(登壇すると)言っちゃったんですよね。みなさんが暑い中で撮影を頑張ってたんで、稼働しなきゃなって」と事情を語る山田(エリザベス)だったが、終始その姿を見せることはなく、福田監督に口をこじ開けられたり、菅田に足元をめくられたりと、いじられっぱなしだった。

最後には小栗が「エリザベスのおかげで締まったので、ありがたいですね。俺だったら絶対やらない(笑)。本当にすごい!えらい!こんな頑張りも見られるのが銀魂です」とあいさつ。『銀魂』にちなんだ銀のくす玉を割るフォトセッションが行われ、イベントは大盛り上がりのうちに終了した。