漂白処理のマークは三角形に変更

写真拡大

正解は、衣類についている洗濯表示。昨年から世界共通のマークになりました。間違った方法で、せっかくの大切な衣類が縮んだり色落ちしたりしないように、新しいマークの意味をぜひ覚えておきましょう。

【画像を見る】クリーニングはドライとウェットの表記に

【漂白処理のマークは三角形に変更】

●OLD

塩素系漂白剤による漂白ができます。このマークにバッテンがついていると、塩素系漂白剤による漂白はできません、という意味に。

●NEW→塩素系に加えて、酸素系マークも追加に

酸素系、塩素系の漂白剤で漂白ができますという意味。斜線の入った三角形マークは酸素系はOKで塩素系はNGの意味に。

【クリーニングはドライとウェットの表記に】

●OLD

ドライクリーニングができます。溶剤はパークロロエチレン、または石油系のものを使用しましょう。クリーニング店で確認を。

●NEW→P はパークロロエチレンを表わすマークに

パークロロエチレン、および石油系溶剤によるドライクリーニングができます。クリーニング店が確認して処理してくれます。

三角って何? Pはパーキング?? 古いマークに比べ、もはや見ただけでは理解不能の新しいマーク。だからこそ、正しい意味をしっかり理解しておきたいですね。