北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は15日、韓国の文在寅大統領がドイツ・ベルリンで掲げた「朝鮮半島平和構想」に対して「詭弁が列挙されている」とする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

G20サミットに出席するためにドイツを訪問した文氏は6日、地元財団の依頼で行った演説で「朝鮮半島平和構想」を掲げ、▼10月4日に離散家族再会行事を開催▼朝鮮戦争の休戦協定が締結されてから64年となる今月27日をもって南北軍事境界線(MDL)での敵対行為を中止▼平昌冬季五輪への北朝鮮の参加などを提案した。

論評は、文氏の平和構想に「先任者らとは異なる一連の立場が盛り込まれているのはそれさえ幸いなことである」と指摘しながら一定の評価をした。

しかし、「全般の内容には外部勢力にへつらって同族を圧殺しようとする対決の底意が潜んでおり、朝鮮半島の平和と北南関係の改善に助けどころか、障害だけを積み重ねる寝言のような詭弁が列挙されている」と非難した。

また、「わが民族の和解と団結を願わない米国と北南関係の改善を必死になって阻む親米保守勢力の顔色をうかがってはいつになっても、同胞の志と南朝鮮のキャンドル民心の志向をまともに実現することができない」と強調した。

そのうえで、「南朝鮮当局は、同胞の志向と大勢の流れに逆行して外部勢力依存の道を固執するのではなく、同族が差し伸べた手を取って北南関係の改善と自主統一のための正しい道に入るべきであろう」と主張した。