チェルシー、仏代表MFバカヨコを獲得「子供の頃から大好きなクラブ」

写真拡大

 チェルシーは15日、モナコからフランス代表MFティエムエ・バカヨコを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

https://twitter.com/ChelseaFC_Japan/status/886249854753787908

 バカヨコは2022年までの5年契約を締結し、背番号は「14」に決まっている。イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、移籍金は4000万ポンド(約59億円)だという。

 プレミアリーグ初挑戦が決まった同選手は「素晴らしいチームに加入できてとても嬉しいよ。チェルシーの試合を見て育ったんだ。子供の頃から大好きなクラブだから、僕にとってこの契約は自然なことだよ。素晴らしい監督のもとで、優れたチームメイトとともに、成長することが楽しみだ」とコメントした。

 22歳のバカヨコはレンヌの下部組織出身で、2014年夏にモナコへ移籍。2016−17シーズンは公式戦で51試合に出場し、3ゴール1アシストを記録した。守備的MFを主戦場とし、チャンピオンズリーグ準決勝進出やリーグ・アン制覇に貢献。今年5月28日にはスペイン代表との国際親善試合に出場し、フランス代表デビューを果たしている。