2017年12月15日(金)に公開される映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の特別映像が、ディズニーのファン向けイベント「D23 Expo 2017」の中で公開されました。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」特別映像 - YouTube

ブザーが鳴り……



「3!」



「2!」



「1!」とカウントダウン。



そして「アクション!」



「最後のジェダイ」



「おやおや 最初は番号なんてなかったのに」と語るのはC-3PO役のアンソニー・ダニエルズ。



爆発で画面中が真っ赤に



着陸したミレニアムファルコン号



「監督が目指したのは予想もつかない物語」



「話の展開に多くの人が驚くはず」と、レイ役のデイジー・リドリー。



ライトセーバーをレイから受け取るルーク



エピソード4からずっとルーク役を務めているマーク・ハミルいわく、「全てを知っていると思っていたが…… 予想もできないことを僕に投げかけていた」



「三部作の二作目ではあるけれど 全く自立しているとも言える」



「スター・ウォーズはクールよ たくさんクリーチャーが出てきて……」







「視覚効果もすばらしい……」





「ただし人物設定は複雑」



「監督がチューイの声を調整している」



「新監督だから何でも自分でやるらしい」と、ちょっと茶化すようなコメントをしているのはフィン役のジョン・ボイエガ。



ライトセーバーを持ち全力で走るレイ





「物語の軸は確立してきた」と語っているのはキャプテン・ファズマ



ファズマ役、グェンドリン・クリスティー。前作ではダストシュートに放り込まれて出番が終わっていましたが、実はあのあとカットされた脱出シーンがありました。



「新しいキャラクターのこともわかってくる」というグェンドリンの言葉とともに映し出されるのは「フォースの覚醒」から登場したキャラクターたち







続いては旧3部作から出ているキャラクターたち。「それに以前から知っているキャラクターたちの行く末にも大きな変化が現れる」









「すべて逆の方向に動き始める」



「前作でみんなが思ったことの逆へ」と、ちょっと不穏な言葉。





「監督はスター・ウォーズをまったく新しいものにした」





十字型ライトセーバーでの剣戟を練習しているカイロ・レン役のアダム・ドライバー



撮影初日の様子



こちらは複数人を相手に戦うレイ



「衝撃作にしたい」



「でもリアルで誠実なものだ」と監督。カイロ・レンのマスクがいくつも並んでいます。



落下中



「善と悪の物語が興味深く語られる







撮影したカットを確認した監督が「すばらしい」と一言。



レイア役、キャリー・フィッシャーはスター・ウォーズを「家族についての物語」



「だからこそこの物語は力強い」と語りました。



「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は2017年12月15日(金)公開



無事撮影は終了しています