「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈

写真拡大

 高校生たちがサスペンスゲームを繰り広げる「人狼ゲーム」シリーズの第6作「人狼ゲーム マッドランド」が7月15日、東京・シネマート新宿で公開初日を迎えた。主演を務めた「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈、共演の松永有紗、門下秀太郎、飯田祐真、栗原吾郎、長谷川ニイナ、眞嶋秀斗、木下愛華、坂田将吾、メガホンをとった綾部真弥監督が舞台挨拶を行った。

 プレイヤーが村人や人狼などの役職にわかれ、互いの正体を探り合うパーティゲームを題材とした映画シリーズの第6弾。首に器具が取り付けられた状態で目覚めた高校生10人が、殺し合いの末、生き残った者には1億円が与えられる「人狼ゲーム」への参加を強要される姿を描く。

 長編映画初主演を果たした浅川は、「いろんな方が主演を務めてきた作品に主演として携わることができて本当に嬉しい」と喜びを噛みしめる。「主演なので不安もあったのですが、皆さんの顔を見るとほっとした。今はわくわくとドキドキでいっぱいです」と呼びかけた。

 本格派女優の登竜門と言われ、過去には桜庭ななみ、土屋太鳳、高月彩良らが主演を務めてきた本シリーズ。浅川は、過去作の出演者から学んだそうで「(第5弾『人狼ゲーム ラヴァーズ』主演の)古畑星夏ちゃんは、別の作品を一緒に撮っていたので、人狼ゲームの話を聞いていた。先日撮影で森川葵ちゃんと一緒になった時も、人狼ゲームの撮影現場の雰囲気や、作品がどうやって作られていくのかという話を聞けた。良いタイミングでいろんな方の意見が聞けて、いろんな方の演技を吸収して、すごく勉強になった」と明かした。

 「撮影時の思い出」を問われた長谷川は、「撮影2日目のごはんの後に『締めに甘い物が食べたいね』って話になった。その後『行っちゃう?』みたいな感じで、女子みんなで銭湯に行ってアイスを買って、アイスを食べながら帰ったのが印象に残っています」と、仲睦まじいエピソードを披露。熱心に耳を傾けていた浅川は、頷いて同調していた。

 また栗原は、女性キャストばかりで「男が僕だけ」の撮影があったと言い、「ものすごく寂しかった」「1人でポツンと座ってた」と吐露。浅川が「声かけたじゃん!」と指摘すると、「そうなんです。浅川さんは『ハーレムだから嬉しいでしょ』みたいな感じで」と告白。客席が爆笑するなか、浅川は「ちょっと待ってくれ、待ってくれ! そういう意味じゃないですよ!」と必死に説明していた。