地方都市の若者の姿を、実話をベースに描いたブラックコメディ

写真拡大

 伊藤沙莉と須賀健太の主演作「獣道」が7月15日、東京・シネマート新宿で公開された。主演2人をはじめ、共演の吉村界人、アントニー、韓英恵、矢部太郎、メガホンをとった内田英治監督、プロデューサーを務めたアダム・トレル氏が同所での舞台挨拶に臨んだ。

 「下衆の愛」の内田監督が、大人たちに翻弄される地方都市の若者の姿を、実話をベースに描いたブラックコメディ。タイトル及びストーリーとかけて「やんちゃで“獣道”なエピソード」を問われた伊藤は、「4歳か5歳の時に、スーパーでアラレちゃんのノートが売っていた。私はすごく諦めのよい子どもだったんです。『これ買って』と言って、親に『だめ』と言われたら、『わかった』と言う子だったのですが、アラレちゃんのノートは本当にほしくて。(ノートのページを)1枚破って逃げました」と告白する。

 さらに、「でも大丈夫。気づいた親がノートを買った。買ってそのまま車で交番に連れていかれて、『牢屋だよ! こういうことしたら牢屋に行くよ』って。だから悪いことしたら刑務所に連れていかれることを、5歳のころに叩き込まれた」と振り返った。

 これに対し須賀も、「今の話で思い出したけど、俺もありました。諦めがよくない子どもだったんですけど、スーパーで干し柿……干し柿が大好きなんですよ。親が目を離した隙に、レジに通す前に干し柿を食べていたことがあったみたいで。干し柿を店内で広げていたみたいです」と明かすと、すかさずアントニーが「牢屋だよ!」と指摘。須賀は、「牢屋でしょ。でも大丈夫、ちゃんと親が買って。ちゃんと『すみませんでした』と言いました」と説明した。

 一方、「撮影時の苦労」を聞かれた吉村は「僕らは役者としてこういう(不良の)役をやっているけれど、現場に地元のヤンキーの方がいた。僕は本当は根暗で読書が好きなんですけど、その人たちにそれがバレないようにするのが、大変でした」と話し、笑いを誘っていた。