画像提供:マイナビニュース

写真拡大

伊豆急行と東京急行電鉄は15日、伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」の車両お披露目セレモニー・車両内覧会を実施した。伊豆急行「アルファ・リゾート21」(2100系5次車。1993年デビュー)を改造した8両編成、定員約100名の観光列車で、デザイン・設計は水戸岡鋭治氏が担当。7月21日から横浜〜伊豆急下田間で運行開始される。

伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」の外観は、伊豆の海と山、そして列車の名称「ROYAL」をイメージした「ロイヤルブルー」をベースに、アクセントとして金色のラインをあしらっている。インテリアは車両ごとに用途やデザインが異なり、1・2号車は「ゴールドクラス」、3号車は展覧会・結婚式・会議などに使える「マルチカー」、4号車は「キッチンカー」、5〜8号車は「プラチナクラス」の車両となる。

「ゴールドクラス」の1号車(伊豆急下田方先頭車)は「親子で旅を楽しむ」をテーマとしており、運転台側の展望客室に加え、2号車側の客室に木玉の詰まったプールと絵本図書館を設置し、青いカメも泳ぎ回る楽しい空間とした。「プラチナクラス」の5・6号車にはピアノが設置され、音楽を聴きながら食事と車窓を楽しめる空間に。6号車ににぎり寿司コーナーも設置された。8号車(横浜方先頭車)の運転台側は展望ライブラリーとなり、本棚の他に書斎として使用できるデスクも用意されている。

車両お披露目セレモニーは伊豆高原駅車庫内で行われ、伊豆急行取締役社長の小林秀樹氏、車両とクルーの制服のデザインを担当したドーンデザイン研究所代表取締役の水戸岡鋭治氏らが登壇。小林氏は「水戸岡先生をはじめ多くの匠や車両のプロが集まり、総力を結集することで大変素晴らしい列車に仕立ててくれました。車内の家具や照明にも深いこだわりがあり、手作り感満載の癒しの空間が醸し出されていると思います」と挨拶した。

続いて登壇した水戸岡氏は、「今回の仕事は東急さんから依頼があり、伊豆を元気にするプロジェクト、25年前の車両を蘇らせるプロジェクトとして始まりました。社長がロマンと夢と勇気をもって、このプロジェクトを決定してくれました。こんな車両が走っても利益は上がらないかもしれない。ただ、この沿線の起爆剤として、地元が元気になる、豊かになる、もともと素晴らしい伊豆の良さを再認識してもらう。そのことが大事。その先に"地方から全国区へ、全国区から世界へ"と広がればいい」と述べた。

車両デザインにも触れ、「30年間、JR九州とともに学び、培ってきたものを伊豆に持ち込むとどうなるか? 実際に持ち込んだらこんな車両になりました。鉄道車両ではタブーとされている色・形・素材を使い、和風も洋風もなく、いまの日本だからできる世界中の様式を散りばめた車両。それが今回の『THE ROYAL EXPRESS』です」と水戸岡氏。セレモニーでは水戸岡氏がデザインを手がけたクルーの制服もお披露目された

伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」は7月21日、JR横浜駅11時50分頃発・伊豆急下田駅15時0分頃着の列車で運行開始。7月22日は伊豆急下田駅10時50分頃発・伊東駅13時50分頃着で運行される。7月26〜28日も運行され、7月27日に再びJR横浜駅まで運行される予定。同列車に乗車できる旅行プランとして、「プラチナクラス」への乗車と宿泊・観光を組み合わせた1泊2日の「クルーズプラン」、「プラチナクラス」「ゴールドクラス」「ゴールドクラス(ファミリーシート)」の3種類から選択できる「食事付き乗車プラン」が用意された。現在は9月運行分の資料請求・申込受付(7月31日まで)を行っている。