ついつい男性のイライラスイッチを、押してしまうことはありませんか?

やる気スイッチならともかく、イラつかせてしまうと、興味を持たれる依然に嫌厭されてしまいますよ。

口は禍の門! 余計な一言、KYな発言を避け、当たり障りのない態度や魅了する態度ができるのも、大人の女性のたしなみではないでしょうか。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男性をイラつかせる女子の言葉をピックアップ。

思っていても口にしないよう注意して下さいね。

 

■それ言っちゃう?男性蔑視発言

最近多いのが、男尊女卑ならぬ女尊男卑な傾向です。

平等を掲げ対等を求めていた女性たちが、男性を蔑視してしまう傾向は、誉れるべきことではありませんよね。

男性蔑視の代表的な言葉と言えば、「男のくせに」「男だったら」などの言葉。

安易に悪気もなく使う女性もいると思いますが、当然ながら男性をイラッとさせる言葉なので、使う時は注意をして下さい。

また、言葉にしなくても雰囲気や蔑みの空気を出されるのも、男性の心をチクッと差します。

鈍感さんが多い男性ですので、気付かないケースが多いかもしれませんが、敏感で繊細な男性は空気を察しているので、ほどほどに。

 

■勝手な品評会

“女が三人寄れば姦しい(かしましい)”とは言いますが、“女が三人寄れば閻魔も口を閉ざす”の方がいいかもしれませんね。

仲間である同性が集まれば、騒がしくなるのは無理もないでしょうが、急に強気になる女性……これは厄介な人種です。

勝手に男性を品定めしては、あれがダメだのこれがいいだの品評会を始めては、あろうことか本人に直接言ってしまうのですから、目を疑ってしまいます。

本人に言うから陰口ではないですが、悪口には変わりないのでは?

当然ですが、嫌なことを言われてイラッとしない人の方が珍しいですので、品評会をするなら、本人に直接評価を発表しない方がいいと思いますよ。

 

■他の男の話にはイライラ

彼女や好きな女性から、他の男や元彼の話が出るだけでもイラッとしてしまう男性は多いかもしれません。

聞いてもいないのに、「元彼はこうだった」「○○君かっこいいよね」などと、デリカシーのない発言をされれば品性を疑いたくもなります。

そんな女性には、元カノの話や他の女性の話をしまくるのですが、そうすると怒り出す女性が殆ど。

自分がされて嫌なことは人にしない方がいいと言うまでもありませんが、相手が嫌かもしれないと気付けない思慮の浅さにドン引きです。

世の中寛容で心の広い男性ばかりではありませんので、配慮の欠けた発言をしないよう注意して下さいね。

 

男性をイラッとさせる女性の多くは、悪気もなく素でイラつかせています。

皆さんもわかっているでしょうが、悪気がない方が余計に人をイラつかせてしまうのです。

彼や男性を怒らせてしまうことが多い女性は、ご紹介した発言をしていないかチェックしてみて下さいね。

【画像】

※ VGstockstudio/shutterstock

【関連記事】

※ 最高の夏を楽しむために。大人女子が今から始めておきたい3つのコト(PR)

※ さすがにウザすぎ…確実に「モテを遠ざける」LINEのご法度

※ ソワソワ、ドキドキ…!「恋をした男性」によく見られる変化

※ もう、やめてー!彼氏が「理不尽に怒りだしたとき」の対処法

※ 気が利くなぁ〜「お泊りデート」で彼に愛されるための事前準備

※ 血液型別「LINEでわかる」彼の脈なしサイン【B型の彼は塩対応】