Qolyとユーザーで選ぶJ1前半戦ベストイレブンはこれだ!

写真拡大 (全15枚)

「Qolyとユーザーで選ぶJ1前半戦ベストイレブン企画」もいよいよクライマックス。

これまで各ポジション別のMVP候補を選出する記事として、「GK&DF部門」、「DMF&CMF部門」、「SMF部門」、「OMF部門」、「FW部門」をお届けしました。

そして、今回はその結果を踏まえて、ベストイレブンを決定します。

「自分が応援しているチームからは?」、「私の好きな選手は?」、「ここから日本代表に入りそうな選手は?」と様々な関心を持ってお楽しみ頂けたら幸いです。

編集部T(以下、――):「Qolyとユーザーで選ぶJ1前半戦ベストイレブン企画」もいよいよ今回でラストです。ここまでの長丁場、お疲れ様でした!

カレン(以下、省略):お疲れ様でした!ただ、ようやくここから本番ですよね(笑)

――はい…ベストイレブンを決める準備が終わったところです(笑)

ですよね…頑張ります(笑)

ちなみになんですが、ベストイレブンを決定する前に確認を。これまでの流れを見る限り、GKが一人、CBが二人、両サイドバックが一人ずつ。で、サイドバックはウィングバックの選手も含むということみたいですが、それで大丈夫でしょうか?

――大丈夫です。中盤は、DMFとCMFタイプを一人ずつ。SMFが二人、OMFが一人、FWが一人。システムで言うと、4-2-3-1みたいなイメージですかね。なお、SMFについては、純正のサイドアタッカーかどうかは気にせずに選んでください。これはいずれのポジションでもそうですが。

わかりました。「今季前半戦において、どのポジションで多く起用されたか」という判断基準で良いということですね。

――そういうことです。では、まずGKを!

早速、今季前半戦の最優秀GKからですが、こちらは柏レイソルの中村航輔です!

――ユーザーの皆様に投票していただいた、Twitterアンケートと一緒ですね!

あ、変えたほうが良かったですか?(笑)

――いえ、そういう配慮は不要です(笑)カレンさんの意思でお願いします!

では、繰り返しになりますが、ここは中村航輔を選びたいです。その理由は、改めて語るまでもないでしょう。インパクトも成績も文句なし。躍進した柏レイソルにおいて、最大の原動力です。

――次点は?

あ、そういうのもあるんですね(汗)

次点は…ガンバ大阪の東口順昭にしたいと思います。チームの順位を考えると、セレッソ大阪のキム・ジンヒョンも捨て難いですが、怪我で開幕に間に合わなかったところをマイナス点にしました。もちろん、復帰してから良いパフォーマンスを見せていることは間違いないですが。

―それでも東口の理由は?

「絶体絶命の危機的状況を救った回数」では東口が勝っているなと。ガンバ大阪のほうがセレッソ大阪よりも「崩されているシーン」が多かったからとも言えるんですが、ビッグセーブを評価しました。まぁ、「ビッグセーブするから良いゴールキーパーだ」というわけではないんですけどね。カミンスキーも同様で、危ない場面をディフェンダーのシュートブロックで未然に回避していたシーンが多かったなと。両ゴールキーパー共に素晴らしかったのですが…絞るためにそのような判断基準にしました。

――このままのペースでいくと長くなりそうなので、ペースを上げますね(笑)センターバックを二名どうぞ!

センターバックは、鹿島アントラーズの昌子源とセレッソ大阪のマテイ・ヨニッチで!

――お!これはTwitterアンケートとは少し異なりますね。

いや、Twitterで一位に選ばれた中澤佑二も納得なんですよ。これは苦渋の決断です…。

昌子については、「これ!」という目立ったパフォーマンスはなかったかもしれませんが、常にJリーグ最高峰のレベルでプレーしていましたね。個人的には、もうJリーグで得るものがなくなってきたレベルに到達したと思います。日本人センターバックが海外に挑戦することは難しいですが、今夏にチャンスがあれば、すぐにでも移籍するべきかと。

ヨニッチについては、やはり、「Jリーグ初挑戦+新加入」であの活躍ですからね。誰しもが褒めるところでしょう。実力者であったことはKリーグ時代から知れ渡っていたとは言え、予想以上の補強になりました。「強い」、「速い」、「巧い」の三拍子をあのレベルで揃えているセンターバックはJリーグを探してもそうそう見つかりません。あ、彼の場合は、さらに「高い」を入れての四拍子かな。

――次点は?

ここに先ほどの中澤を入れます。衰えを全く感じさせないというか、もはや「守備の熟練者」ですね。良い意味で「無理をしないディフェンス」を見せてくれています。

もう一人は、ジュビロ磐田の大井健太郎にしたいです。「前半戦で最もシュートブロックをした選手なんじゃないか?」と思うぐらい、ギリギリのところでの踏ん張りが印象的ですね。チェルシー時代のテリーを彷彿とさせます。フィジカル任せではなく、冷静な判断に基づいて動けているイメージがありますし、ジュビロにおける前半戦のMVPだったんじゃないでしょうか。

――続いては、サイドバック兼ウィングバック部門は?

まず、右は浦和レッズの関根貴大でお願いします。サイドバックとなると、柏レイソルの小池龍太の一択なんですが、ウィングバックも入るとなれば関根を推したいです。

正直、チーム自体は不安定でしたが、彼の評価が下がることはありませんでした。むしろ、その不安定な中でも印象的なパフォーマンスを見せていたことはプラスに繋がったでしょう。サンフレッチェ広島戦の終了間際に見せた「独走ゴール」が代表例ですが、苦しい局面でその力を幾度となく発揮しました。

――左はいかがでしょう?

まず触れたいのは、ベガルタ仙台の槍として躍動した永戸勝也。ルーキーとは思えぬ働き(リーグ戦では全17試合に出場)でした。このポジションの選手の中で、決定機を演出した回数で言えば、最も多かったのではないでしょうか。残念ながら大怪我を負ってしまったので故障からの復帰が待たれます。

しかし、MVPということであれば、ここはセレッソ大阪の丸橋祐介でお願いします。攻守両面で安定していましたし、プレーの質も今季は大きく向上したと思います。「左サイドからのチャンスメイク」に関しては、今やJトップクラスでしょう。今まではどこか"物足りなさが”ありましたが、本格化してきました。

――では中盤に移ります。ディフェンシブミッドフィルダー(DMF)とセントラルミッドフィルダー(CMF)を分けて選んでください。

となると…どうなるかな。悩みどころですが、DMFは鹿島アントラーズのレオ・シルバで考えます。出場試合数がやや少ない(全17試合中13試合)のは気になりますが、出た時のパフォーマンスは特筆に値するものばかりでした。

ボールを奪う力はもちろんのこと、前に繋げる能力だったり、ボールキープだったり、奪った後のプレーでも周囲を助けていました。性格的には攻撃参加も好きな選手なので、典型的なDMFではないかもしれませんが…やはり、彼は選んでおきたいですね。

少しわき道に逸れますが、鹿島が調子を崩しかけた時期がありましたが、その原因の一つには、彼のコンディション不良があったと思います。

――次点は?

Twitterアンケートでも選ばれていましたが、セレッソ大阪の山口蛍、柏レイソルの大谷秀和、浦和レッズの阿部勇樹。後は、ジュビロ磐田のムサエフも入りますかね。ただ、その中で絞るとなると、個人的には大谷を推したいです。

今季の柏レイソルは攻守両面にアグレッシブで、なおかつ非常にバランスが良いですが、それを支えているのは言うまでなく彼ですね。ピンチの芽を未然に摘む力、チームを整える力はJリーグ屈指だと思います。特に今季は守備時の働きが際立っていましたね。素晴らしいシュートからのゴールもありましたが。

――続いてCMFは?

ここはセレッソ大阪のソウザを選びたいと思います。

――ちなみに、Twitterアンケートでもソウザが一位でした。

ディフェンス面は当然として、パスワークも的確にこなして、ドリブルで自ら持ち運べて、シュートまでいける。まさに「何でも来い」の選手。前にもお話しましたが、「このポジションで、最も相手チームに脅威を与えた選手は誰か?」と選手たちに質問すれば、彼の名前は挙がってくるんじゃないでしょうか。

次点は、ガンバ大阪の井手口陽介ですかね。「自分がなんとかしなくてならない」という意識が強くなったというか。責任感が見えるプレーが明らかに増えました。「動ける」、「闘える」、「上手い」という選手はどういう方向にも目指せるので、今後が興味深いです。ヴィッセル神戸のニウトンも良かったと思いますが、チームの順位も考えてこういう選考にしました。

――続いては、RMFです。Twitterアンケートでは、横浜Fマリノスのマルティノスが一位、川崎フロンターレの小林悠が二位、三位は川崎フロンターレの伊東純也でした。

マルティノスは尻上がりに評価を上げていった印象ですね。ただ、個人的には小林悠を推したいです。彼は本来のポジションではないにもかかわらずの活躍でしたし、このポジションにおいて、どの選手よりも際立っていたと思います。ディフェンスラインとの駆け引きを行いつつ、周囲とのパスワークでの崩し、味方へのアシストなど、その貢献度はバリエーションに富んでいましたよね。その成果は、(第17節終了時点で)7得点6アシストという成績にも現れています。

で、次点にマルティノスですかね。途中から左サイドに回るようになりましたが、右サイドの時のパフォーマンスも好印象でした。横浜Fマリノスで攻撃のキーマンを担う齋藤学が苦しめられる試合が多い中、それでもチームが上位に進出できたのは、彼の働きが大きかったかと。あの突破力は本当に驚異でした。左に回ってからはシュート機会も増えていますし、後半戦はゴール数も伸ばしそうです。

――左については?

ここはTwitterアンケートでも一位だった齋藤学でしょうか。

前述のように苦しめられることも多いのですが、彼が苦しめられているからこそ、他の選手が活きているという側面はありますからね。実際にアシストも7つ記録していますし。本人は「未だノーゴール」を気にしているみたいですが、チャンスはありますし、きっかけ一つで変わるでしょう。後半戦だけで二桁ゴールもあるかもしれませんよ。

後、これは個人的な主観ですが、Jリーグで新たな壁にぶち当たったことにより、彼には更なるステップアップが望めるなと思っています。

シーズン開幕前には海外移籍の噂もありましたが、その挑戦の前にこのようなハードルを経験するかそうでないかは、やはりその後のサッカー人生にも大きな影響を与えるでしょうから。後で、「あの時の経験があったから…」と振り返られるシーズンになって欲しく思います。

――次点は誰になるでしょうか?

正直なところ、「絶対にこの選手!」というのが見つけにくいのですが…ヴィッセル神戸の大森晃太郎ですかね。

彼には本当に驚かされました。ヴィッセル神戸に移籍してここまで進化するとは思っていなかったので…。ドリブル、パス、シュートのグレードが上がりましたよね。とりわけ、ゴール前で見せるシュートは意欲、精度共に抜群です。

多少ムラッ気があるのは玉に瑕ですし、もちろん、悪い試合もありました。ですが、良い印象のほうが強いですね。「ポドルスキが入ってきてどうなるか」というのも気になりますし、後半戦も注目したい選手です。

――さて、いよいよ佳境に入ってきました。

後は、オフェンシブミッドフィルダー(OMF)とフォワード(FW)ですね。

――OMFはTwitterではセレッソ大阪の山村和也が得票率61%と圧倒的でした。

二位の中村憲剛と差が開きましたね。私も、このポジションでのMVPを選ぶとなると、山村になります。中村も間違いなく良かったですが、「インパクト」、「チームへの貢献度」を考えると、山村がややリードしているかなと。

詳しくはOMF部門を選考する回で語りましたが、彼の場合は、守備での貢献度も高いですからね。そこは大きなプラス査定になるでしょう。あのポジションで、攻撃面だけではなく守備面でも力を発揮できる彼の存在は本当に大きいと思います。

――「日本代表にも必要なんじゃないか?」とも仰っていましたよね。

ええ、面白いと思いますよ。掛け値なしでの評価です。

――次点は?

ここは中村憲剛でしょう。チャンスメイク、ゲームメイクの能力はずば抜けていますし、今季もそれを証明し続けています。4得点7アシストという数字も流石です。彼も山村と同様に「日本代表に」と思っているんですが…。

――その話は割愛します(笑)続いてFWを。

はい、同じ話の繰り返しになるので止めましょう(笑)

FWは賛否両論あるかもしれませんが、川崎フロンターレの阿部浩之ですね。シーズン開幕直後こそ目立っていませんでしたが、4月に入ってからエンジンが掛かり出し、気付いてみたらの大活躍。「移籍初年度」+「FWへのコンバート」であの結果(8得点6アシスト)ですから、本当に驚きです。あれだけのシュート技術があれば、得点王も十分ありそうですね。

――次点は?

ここも迷いどころですが、浦和レッズの興梠慎三ですかね。チームの成績を考慮すると、クリスティアーノも候補なんですが、ここまでで唯一「二桁得点」を記録しているのは彼だけ。このストライカーを入れないわけにはいきません。

――ようやく決まりましたね。改めて振り返ってみましょう!

【J1前半戦ベストイレブン】

GK:中村航輔(柏レイソル)
CB:昌子源(鹿島アントラーズ)
CB:マテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪)
RSB:関根貴大(浦和レッズ)
LSB:丸橋祐介(セレッソ大阪)
DMF:レオ・シルバ(鹿島アントラーズ)
CMF:ソウザ(セレッソ大阪)
RSM:小林悠(川崎フロンターレ)
LSM:齋藤学(横浜FM)
OMF:山村和也(セレッソ大阪)
FW:阿部浩之(川崎フロンターレ)

【次点】

GK:東口順昭(ガンバ大阪)
CB:大井健太郎(ジュビロ磐田)
CB:中澤佑二(横浜FM)
RSB:小池龍太(柏レイソル)
LSB:永戸勝也(ベガルタ仙台)
DMF:大谷秀和(柏レイソル)
CMF:井手口陽介(ガンバ大阪)
RMF:マルティノス(横浜FM)
LMF:大森晃太郎(ヴィッセル神戸)
OMF:中村憲剛(川崎フロンターレ)
FW:興梠慎三(浦和レッズ)

いいじゃないですか!「Qolyならでは」の感じも出たのではないかと勝手ながら思っています。

Twitterユーザーの皆さんの協力もありましたし。チーム別で見ても、結果的に上位のチームから順当に選ばれてる気がしますし、個人的には満足です(笑)当然、異論はあるとは思いますが…。

さて、今回の「Qolyとユーザーで選ぶJ1前半戦ベストイレブン企画」はお楽しみ頂けたでしょうか?

Qoly編集部では皆さんにも参加して頂ける企画を随時考えているので、ご期待ください。