生活の質を左右する歯は、年を取ってもできるだけ多くの本数を残したいものです。やむを得ず虫歯や歯周病で歯を失うこともありますが、その場合はただちに人工歯を補うことが大切です。歯が抜けたまま放置していると、歯がずれて噛み合わせが悪くなり、様々な支障がでる場合があります。

隙間があると歯が勝手に動いていく?

歯というのは何か問題があっても、体の他の部分に比べてないがしろにされやすい部分かもしれません。虫歯や歯周病がひどくなり一本歯を失っても、痛みを感じず生活にそれほど不便を感じなければ、放置してしまう人もいるようです。どうせ一本くらい、奥歯で見えないから大丈夫、などと思ってしまうのは実は危険なこと。抜歯したあとの歯の隙間を放っておくと、歯が勝手に移動し始めてしまいます。

歯が抜けて放置すると危険なわけ

子供の乳歯が抜けた後に生え変わる永久歯は、上下合わせて28本、親知らずを入れると32本になります。歯がぎっしりと並び揃っているときは、歯が大きく移動することはありません。しかし歯が抜けた状態を放置していると、隙間のある方へと歯がずれたり、倒れこんだり、あるいはなくなった歯と噛み合わせが対になる方の歯が伸びてきてしまうこともあります。このようにして歯並びが変わり噛み合わせがおかしくなると、食べ物をきちんと噛み砕くことができずに消化不良となったり、歯ブラシが届きにくくなり虫歯になりやすくなることも。また噛むことは脳を刺激し活性化させる役割もあり、きちんと咀嚼できない状態が長くなると、認知症のリスクが高まるとも言われています。

歯を失ったときの治療法

歯を抜いたり、または抜けたときは、放置せずに早めに歯科で処置してもらうようにしましょう。歯を失った場合の治療法は、残っている歯の状態、本数などにより異なってきます。方法として、隙間がある部分の両脇の歯を支えに人工歯を取り付けるブッリジ、部分的な入れ歯、あるいは人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付けるインプラントがあります。ブリッジや入れ歯は基本的に健康保険適用ですが、材料や治療法によっては適応外となる場合もあります。インプラントは保険が利かないので、他の方法に比べ治療費が高くなります。

歯を失い、残りの歯が大きく動いてしまうと、人工歯を入れる隙間が取れず治療に時間がかかってしまいます。くれぐれも、歯がなくなったときは放置しないようにしましょう。近年は歯周病と認知症の関係も知られるようになり、お口の中の清潔や環境は健康状態を左右する重要なポイントとなるようです。


writer:Akina