大好きな人と一緒に寝るとき、それは、甘い夢に酔いしれるファビュラスな時間……ならいいのですけれども。ええ、現実はなかなかそう甘く仕上がるものではありません。今日は、男性たちにお嫁さん・彼女さんの寝相について聞いてまいりました。これはキョーレツ!

寝覚めにボディブローをされた

「朝、嫁が起きたときのこと。ゆらりと近づいてくるので、てっきり抱っこかなぁと思っていたら、ボディブローをくらいました。痛すぎたし、恐怖ですよ」(看護師/35才/男性)

▽ それはご愁傷さまでした。前日にケンカなどはされていませんでしたでしょうか? 彼女さんのストレスがたまっていらしたのかもしれませんね。寝起きにご注意を!

朝、顔面にキックをくらう

「いきなり顔を蹴られて、びっくりして起きました。最初、何かわからなかったけど、どうやら嫁が布団の上で一回転していたみたいで、上下さかさまに寝ていたんですね。顔面にキックをくらったわけです。しばっておこうかな」(公務員/28才/男性)

▽ 寝苦しかったのでしょうね! これからの季節は冷たいほうに転がっていきますからね。蹴られたところはしっかり冷やしてくださいませ。

真夜中に冷蔵庫のモノをあさっていた

「夏に向けてダイエットしている彼女がいます。夜中、物音がするなぁと思って台所にいったら、彼女が冷蔵庫のなかのものを食べまくっていたんですよ。ねぼけたままですよ。座敷童子みたいだった」(役者/26才/男性)

▽ それはホラーですね……。彼女さん、おなかが空きすぎて冷蔵庫までたどり着いてしまったんですね。ダイエットのしすぎはよくないです!

夜中に何度も床に落ちる(その度起こされる)

「嫁がベッドから落ちます。何度も何度も。それこそ1晩に3回とか。本人は覚えてないみたい。最初はベッドにもどしていたけど、最近は放置している」(自営業/38才/男性)

▽ 1晩に3回起こされたら、さすがに睡眠妨害で訴えたくなるかもですね。お疲れ様です。戻さなくなってからは、1度落ちたきり、朝、起きる間際にのっそり戻ってこられるのだそうです。彼女さんの体のためにも、ベッドからお布団にかえられてもいいのかもしれませんね。

朝起きたらなぜか玄関にいる

「うち、クーラーが壊れていて、寝苦しい日、彼女は風が通る玄関に移動しちゃってます。夜はいっしょに寝ているんですけど、朝は玄関でまるまっています。まあ、かわいいんですけどね」(サービス業/24才/男性)

▽ ごちそうさまです! たしかに玄関は風が通りますからね……。ええ、お嫁さんもかわいいのもわかるのですけれどもね……。とりあえず、夏本番までにクーラーをなおされることをおすすめします!

いかがでしたでしょうか? 千年の恋もさめてしまう? いえいえ、そんなことをおっしゃらずに! 本人に記憶はいっさいございません! 悪意はないのです。どうか、それも愛嬌として、末永く仲良くそいとげていただければと思います!