中国の民主活動家で作家の劉暁波氏の遺影を持った妻の劉霞氏(中央)と、遺灰を受け取る親族(左、2017年7月15日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(写真追加)獄中でノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)を受賞した中国の民主活動家で作家の劉暁波(Liu Xiaobo)氏の遺灰は15日、火葬から数時間後に海葬された。兄の劉暁光(Liu Xiaoguang)氏が発表した。

 兄の暁光氏は、中国当局が開いた記者会見で遺灰は海葬されたと発表した。劉氏が13日、肝臓がんのために亡くなって以降も、中国当局は劉氏の家族と外部の接触を厳重に制限している。

 当局が公開した映像には、劉氏の死去から2日後、妻、劉霞(Liu Xia)氏らが、白い円形の骨つぼを海葬する姿が映し出されていた。

 海葬されたことにより、劉氏の家族や支持者らが同氏に哀悼の意を示す物理的な場所は奪われたことになる。
【翻訳編集】AFPBB News