カシオ計算機が、余りのある割り算に適した電卓『余り計算電卓 MP-12R』を発売します。

カシオ計算機は、これまでにも飲食店などで安心して使える防水・防塵の電卓や、測量計算プログラムを搭載し、耐衝撃・防水・防塵性能を備えた、土木測量専業電卓など、幅広い電卓を開発してきました。

今回の電卓は、調剤薬局や物流倉庫など、余り計算が必要な業務に威力を発揮しそうです。

いままでの電卓では、整数で割り切れず余りがある場合でも、小数点以下まで計算した答えを表示していました。

しかし、『余り計算電卓 MP-12R』では、搭載された『÷余り』キーを押すことで、整数で割り算の答えを表示し、余りも同時に出せます。

計算例

例えば、「218個の荷物を1ダース単位(12個)で段ボールに梱包した場合、いくつ余るのか」を計算。

18個の段ボールができ、2個余ることがひと目で分かります。

また、整数の余り計算だけでなく、小数の余り計算も可能なので、幅広い用途に使用可能です。

余り計算が必要になる職種や、もっと作業効率を上げたい職場で重宝されそうですね。

余り計算電卓 MP-12R

価格:オープン
発売日:2017年7月21日

[文・構成/grape編集部]