@AUTOCAR

写真拡大 (全11枚)

1000名が集う 英フェラーリ・オーナーズクラブ 年次ミーティング

今年、フェラーリは創立70周年を迎えるが、われわれ英国人にとっても2017年は記念すべき年である。

「フェラーリ・オーナーズクラブ・オブ・グレイトブリテン」が設立されたのは、今からちょうど50年前。今年は様々なイベントが催され、なかでも最大のものが先週バッキンガムシャーで開催された「フェラーリ・オーナーズクラブ・ミーティング」という年次集会だ。

1000名を超えるオーナーたちが、この世で最も優雅なモデルで集まり、デーンズフィールドハウスの雄大な広場を埋め尽くした。

テスタロッサ・スパイダー


昨年のオークションで€1.2million(当時1億5851万円)で落札されたテスタロッサ・スパイダー。幸運にも新オーナーが持ち込んでくれた。

F50


スペチアーレのモデルから、まずF50がオープントップで出迎えてくれた。
 

エンツォ


決して展示用のナンバープレートではなく、実際に「EN20」で登録されている。

166インテル


英国で最も古いフェラーリがこの166インテル。同社が送りだした17番目の車両で、1949年にツーリングが製造。
 

250GT SWB


1959年に発表。ディスクブレーキを搭載した最初のフェラーリで、敏しょう性を求めホイールベースは短縮された。

MEMBER’S CAR PARK


展示会場の芝広場にはF40が4台。こちらのカーパークにも少なくとも4台。下段右から3台目は575スーパーアメリカ。
 

250GT ブレッドバン


250GT SWBをベースに、ジュゼッペ・ヴォルピ伯爵が、ジオット・ビッザリーニとピエロ・ドローゴに作成を依頼した。

348GTC


わずか50台のみ生産された348GTC(C:Competizione)。そのうち8台が右ハンドル仕様で、そのなかの2台が会場にやってきた。
 

512BBi


1980年代に勢いのあったケーニッヒ製ボディワークとおもわれる512BBi。英フェラーリ・オーナーズクラブにはモディファイされた車両が多い。

GTC4ルッソ


最新モデルのラインナップ展示も行われた。GTC4ルッソの先には488シリーズも。どれか1台でも手に入るなら、それだけでAUTOCARはハッピーだ。