協調性と戦略性が重要!育成要素まであるアプリ連動バランスゲーム

写真拡大

2016年に米国Kickstarterにて、日本円にして2000万円以上の資金調達に成功したヒット商品が、いよいよ日本初上陸! ロンドン発の「Beasts of Balance(ビースト オブ バランス)」は、アナログゲームにデジタル要素を組み合わせた次世代の家庭
用ゲームです。

ルールは単純で、いろいろな動物(ビースト)の形をしたブロックを崩さないよう高く積み上げていくというもの。バランスを考えながらブロックを積んでいく、というのはこれまでのアナログゲームにもよくありましたが、このゲームのキモになっているのは、手持ちのスマホやタブレット上のアプリと連携させて遊べること。

積み上げる際に台座の側面に触れることでそれぞれのブロックの情報がスキャンされ、連動アプリの画面にビーストが姿を現す仕掛けになっています。

ブロックは合計24個。基本はブロックをスキャンしながらどんどん積み上げていけばいいのですが、そのままではビーストのエネルギーは徐々に減りつづけ死んでしまいます。そこで使うのがさまざまなエフェクトのブロック。

「エレメント」を使ってエネルギーチャージして、ビーストを進化&パワーアップさせたり、「クロス」を使って2つのビーストを合成して新種ビーストを作ったり。「ミラクル」の積み上げに成功するとボーナスチャンスが到来したりと、各ブロックにはさまざまなイベント要素が備わっています。

積み上げたブロックが崩れたらアプリ上の火山が噴火、制限時間内に立て直せなければゲームオーバーに。ゲームクリアにはバランス感覚だけではなく、協調性や戦略性も必要。アプリ上のかわいい世界観には、子どものみならず大人たちもワクワクしそうです。

このゲームの正規輸入に向けて、現在Kibidangoでクラウドファンディングを準備中。今回スタートするプロジェクトでは、新たに他のプレイヤーと対戦できる「バトルモード機能」や3種類の新ビーストをパッケージにした「追加ビーストパック」を用意。さらに早期予約特典として、レアなビーストがゲットできるチャンスもあるかも?

先行予約受付は7月19日よりスタート。出荷時期や価格など、最新情報はKibidangoページで要チェック!

>> Kibidango「Beasts of Balance」

 

(文/&GP編集部)