泣けてくる…脳損傷のヌーリの自宅を全選手とサポが慰問

写真拡大

先日、試合中に不整脈を起こしたアヤックスMFアブドゥルハーク・ヌーリ。まだ20歳と若い彼だが、脳の大部分が機能していないと発表されたことで、サッカー界にショックが広がっている。

そんななか、アヤックスの全選手、そしてファンたちがヌーリへの敬意とサポートを示すために彼の実家を訪れた。

アムステルダムのヒューゼンフェルトという地区には、多くの人々が詰めかけていた。

ヨエル・フェルトマン(アヤックスDF・キャプテン)

「言葉がない。とても悲しいよ。

あんなにも素敵な子に起きてしまったことは、悲劇でしかない。

互いに助け合わなくてはいけない。互いに慰め、彼の家族にいいサポートをしようとね。

最も大事なことは、僕らがどう対処するかだ。

これまでのところは感情が揺さぶられているよ。つらいことが起きてしまった」